> > > 今しか飲めない!ジュースみたいな「ベビーワイン」って知ってる?

,,,,, | グルメ,ドイツ,ヨーロッパ,中部,北海道,北海道・東北,新潟県,豆知識,静岡県

今しか飲めない!ジュースみたいな「ベビーワイン」って知ってる?

Oct 16th, 2015

ビールのようにゴクゴク飲める「ベビーワイン」をご存知でしょうか? シュワッとした微炭酸で、フルーティーな美味しさなのだとか。文字通りワインになる前の赤ちゃんワイン。日本国内でも今の時期だけワイナリーで飲めるようですよ。

ジュースみたいにフルーティーな「ベビーワイン」を知っていますか?

新感覚の「ベビーワイン」って?

ベビーワインとは、ぶどうを仕込んでから2〜6日目、まだ発酵途中のワインになる前の段階で味わうものです。アルコール度数は1〜5%と低く、シュワッと微炭酸。このため、ジュースや発泡酒を飲む感覚で楽しむことができるのです。


新酒が出回るまでの期間限定のため、国内のワイナリーでは10〜11月頃まで味わえるようです。各ワイナリーにより扱う種類は異なりますが、ベビーワインは、白・赤・ロゼの3種類。新潟の「岩の原葡萄園」や静岡の「はままつ フルーツパーク時之栖(ときのすみか)」、北海道の「北海道ワイン」などで試飲できます。

「ベビーワイン」と「ペルレ」、どう違う?

国内では「ペルレ」という名称で呼ばれることもあるベビーワイン。しかしながら、ペルレというのは全くの別物です。ヨーロッパではEUのワイン法により、アルコール度数が最低でも8〜10%でなければワインと呼ぶことはできません。国内の場合はワイン法がないため、アルコール度数が低くてもワインと名乗れるのが現状なのだとか。

それにしても、なぜ国内では「ベビーワイン」=「ペルレ」と呼ばれるようになったのか、少し気になりますよね。本場のペルレと比べながら、その秘密を探ることにしましょう。

ドイツが本場の白ワイン「ペルレ」

上質な白ワインに定評のあるドイツ。ペルレはドイツが原産のぶどう品種「ペルレ」から造られる微炭酸の白ワインで、ドイツ中南部のフランコニア地方が本場です。フランスでは、南西部のガヤックという地域で生産されています。

ジュースみたいにフルーティーな「ベビーワイン」を知っていますか?
ガヤック産のペルレ。アルコール度数は12% (C) sweetsholic

ペルレは醸造後に炭酸を添加したワインなので、発酵途中のベビーワインとは異なることが分かりますね。

ジュースみたいにフルーティーな「ベビーワイン」を知っていますか?
グラスに注ぐと泡はプツプツとしか見えませんが、シュワッとした後味が楽しめます (C) sweetsholic

秋の国内旅行の際にはジュース感覚で飲める「ベビーワイン」を味わいに、ワイナリーへ立ち寄ってみてはいかがでしょう? また、ドイツやフランスへ旅した際には本場の「ペルレ」も試してみたいですね。


[EUR-lex]
[WINE MAKING TALK]
[Photo by Shutterstock.com]

sweetsholic

,,,,, | グルメ,ドイツ,ヨーロッパ,中部,北海道,北海道・東北,新潟県,豆知識,静岡県


気になる国の記事を検索!