> > > 【ネパール】死ぬまでに一度は行きたい!ブッダが生まれたルンビニの聖地

,,,,, | アジア,ネパール,世界遺産,絶景,観光,豆知識

【ネパール】死ぬまでに一度は行きたい!ブッダが生まれたルンビニの聖地

Oct 25th, 2015

日本人には知名度が低いかもしれませんが、ネパールの南部にルンビニという町があります。

インドとの国境近くで周辺は広大な農村地帯になっていますが、この町は狭義の意味での仏陀(ぶっだ)であるゴータマ・シッダールタが生まれた場所として、世界中から多くの人が押し寄せる聖地であり世界遺産認定の観光スポットになっています。

【ネパール】死ぬまでに一度は行きたい!ブッダが生まれたルンビニへの旅

そこで今回はネパールの公式観光サイトなどを参考に、ルンビニの魅力をまとめたいと思います。熱心な信者でなくても何かを感じられる場所ですので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

ルンビニは仏陀(ぶっだ)生誕の聖地で世界遺産にも認定される観光地

【ネパール】死ぬまでに一度は行きたい!ブッダが生まれたルンビニへの旅

ネパールとはそもそもインドの右上に“ふた”のように横たわっている国で、北部にはヒマラヤ山脈を挟んで中国(チベット)が広がっています。

同国はヒマラヤ山脈の横たわる山岳エリアと、首都カトマンズなどがある高地エリア、さらにはインドとの国境近くに広がる平原エリアの3つのゾーンから成り立っており、ルンビニはインド国境近くの平原にあります。

【ネパール】死ぬまでに一度は行きたい!ブッダが生まれたルンビニへの旅

仏教の開祖が生まれた聖地として知られており、世界遺産にも登録されるネパール有数の観光地です。信者はもちろん、世界各国から敷地内の仏教建築群を目当てに一般観光客が訪れており、まれに日本人も見受けられます。

仏教建築群の周辺には和室を完備したホテルもありますので、インドやネパールなどの旅行中に日本が恋しくなったら、畳のあるJapanese styleの部屋を予約して宿泊し、そのホテルを拠点に寺院巡りを楽しんでみてください。

坂本正敬

,,,,, | アジア,ネパール,世界遺産,絶景,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!