> > 旅をありきたりにしてしまう、今すぐ捨てたい8つの考え方

,,,,,,, | グルメ,旅のハウツー,観光,豆知識

旅をありきたりにしてしまう、今すぐ捨てたい8つの考え方

Oct 30th, 2015

「せっかくの旅行、賢く効率的に楽しみたい!」きっと誰もがそう思って、旅行前にいろんな情報を集めたり、旅先でいろんな行動をとっていると思います。ですが“最高の旅”にするためにしている行動が、実はより素敵な旅の思い出作りのチャンスからあなたを遠ざけているかもしれません。そこで今回は、最高の旅を楽しむために今すぐ見直したい8つの考え方をお伝えします。

おすすめ店はガイドブックでチェック

 
最高の旅を楽しむために今すぐ捨てたい8つの考え方

「おすすめの観光スポットやレストランはガイドブックをチェックすれば間違いない!」そう思い込んでいませんか? その町の観光案内オフィスを訪ねたり、ネットで最新の情報を集めたり、可能であればその町に住んでいる人に聞いてみると、ガイドブックには載っていない素敵な情報が得られるかもしれませんよ。

朝は優雅に、ゆっくりと朝食をとってからホテルを出よう

最高の旅を楽しむために今すぐ捨てたい8つの考え方

元気いっぱいに1日を過ごすためには朝ごはんを食べることは大切ですよね。ですが、朝ごはんをゆっくり食べてから町に出るのはちょっともったいないかもしれません。特にたくさんの旅行者で賑わうシーズンの観光地はまだ人が少ない早朝こそ、その町本来の姿や魅力が垣間見れる時間。頑張って早起きして朝の街歩きを少し楽しんだ後、朝食をとりませんか。

誰かシャッターを押してくれないかな

最高の旅を楽しむために今すぐ捨てたい8つの考え方

旅先で地元の人たちに「写真を撮ってもらえますか?」とお願いすることはあっても「一緒に写真を撮ってもらえますか?」と尋ねる方は少ないのではないでしょうか。風景や自分たちを映したものなど、いつも通りの写真も素敵ですが、たまには地元の人たちと一緒に思い出の1枚を撮ってみませんか? 市場の優しい野菜売りのおばさん、気さくで楽しいレストランのウェイターさん、街角で道を教えてくれた親切なおじさん・・・旅先で出会った人々と一緒にパチリ。あとで写真を見返した時、きっと旅の楽しい記憶が鮮明に蘇ることでしょう。

ガイドブックがあれば街歩きは完璧!

最高の旅を楽しむために今すぐ捨てたい8つの考え方

ガイドブックでしっかりと下調べをしたり、地図を持って歩けば初めて訪れた町でも自分たちの力で観光を楽しむことはもちろん可能です。ですが「効率よく観光したい」「せっかく訪れるのだから、余すところなく町中を回りたい」「ガイドブックに載っていない穴場スポットが大好き!」という方は、ぜひその町に住むガイドさんとの街歩きを検討してみて。プロと街歩きすると、きっと自力では知り得ることのなかった様々な発見や素敵な経験ができることでしょう。

海外では英語が通じる

最高の旅を楽しむために今すぐ捨てたい8つの考え方

英語圏以外の国を訪れた時、つい「ハロー!」と挨拶していませんか?「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」たったこの3つだけでもいいので、挨拶を現地語で覚えて行きましょう。それだけで現地の人との距離がぐっと縮まるはず。ぜひ今度の旅行で試してみてください!

小坂井 真美

,,,,,,, | グルメ,旅のハウツー,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!