> > > 英国やフランスでも評価が高い、日本産の紅茶を飲んだことがありますか?

,,,,,,,, | お土産,グルメ,ショッピング,トレンド,中部,九州・沖縄,埼玉県,豆知識,関東,静岡県,鹿児島県

英国やフランスでも評価が高い、日本産の紅茶を飲んだことがありますか?

Nov 5th, 2015

紅茶というと外国産が思い浮かびます。例えばインドのダージリンやアッサム、スリランカのキャンディなど、全て外国産ですよね。

しかし実は日本でも紅茶が作られているとご存じでしたか? そもそも緑茶と紅茶の茶木は一緒で、発酵の仕方を変えれば緑茶にも紅茶にもなります。言い換えれば、緑茶の産地である日本もその気になれば、紅茶をどれだけでも作れるのですね。

国際的な評価も!日本産紅茶の産地が全国で増加中

そこで今回は「全国地紅茶マップ2014」を参考に、日本の紅茶産地の現状をまとめたいと思います。

紅茶も緑茶もウーロン茶も茶木は一緒

国際的な評価も!日本産紅茶の産地が全国で増加中

そもそも紅茶とは茶木の若葉を摘み取り、発酵・乾燥させた茶葉をいいます。

なんとなく紅茶は紅茶、緑茶は緑茶、ウーロン茶はウーロン茶と別々の茶木があって、その異なる茶木の若葉を使って違ったお茶にするイメージがありますが、実際は紅茶も緑茶もウーロン茶も同一の茶木から作られるそう。

違いはその作り方。緑茶は収穫した茶葉を発酵させません。一方の紅茶は収穫した茶葉を完全に発酵させるために、独特の紅色と香りが生まれるとか。ウーロン茶は緑茶と紅茶の中間で、半発酵をさせるみたいですね。

そう考えると、茶木さえあれば緑茶も紅茶もウーロン茶も作れるという話になります。実際、日本でもお茶農園の一部が紅茶作りをスタートしており、全国地紅茶サミットで配布された「全国地紅茶マップ2014」によると、41都府県の約500カ所で紅茶が作られていると分かります。

坂本正敬

,,,,,,,, | お土産,グルメ,ショッピング,トレンド,中部,九州・沖縄,埼玉県,豆知識,関東,静岡県,鹿児島県


気になる国の記事を検索!