> > > 【町を一望できる絶景】おさるの住みつく仏教寺院モンキーテンプル

,,,,, | アジア,ネパール,現地レポート,絶景,観光,豆知識

【町を一望できる絶景】おさるの住みつく仏教寺院モンキーテンプル

Nov 9th, 2015

ネパールの首都カトマンズの郊外に、スワヤンブナートと呼ばれる仏教寺院があります。カトマンズ周辺は見るべき場所がたくさんあるのですが、同地に滞在したとき真っ先に現地ガイドの大学教授が連れていってくれた場所。どうしてこの寺院だったのでしょうか?

【ネパール】カトマンズ盆地を一望の仏教寺院モンキーテンプルの絶景

そこで今回は現地ガイドの解説をもとに、各種資料の情報をプラスして、モンキーテンプルと呼ばれる同寺院の魅力をまとめます。

スワヤンブナートにはカトマンズ盆地を一望できる絶景の展望台がある

【ネパール】カトマンズ盆地を一望の仏教寺院モンキーテンプルの絶景

スワヤンブナート寺院は、カトマンズの中心部(タメル地区)から徒歩30分ほどの高台にある寺院。

熱心な信者の参拝する場所ですから、観光地という表現はある意味で失礼にあたるのかもしれませんが、あえて言えば日本人観光客がネパール旅行で最初に行っておきたい場所の1つ。その理由は、旅の拠点であるカトマンズ盆地を一望できる絶景の展望台があるからですね。

長い階段の上にある高台の頂上に着くと、寺院、博物館、宿泊所などの中心にネパール最古と言われる仏塔(ストゥーパ)が建っています。その仏塔を時計回りに進むと、かつて湖だったというカトマンズ盆地の広大な景観を一望できる展望台に着きます。

丘の上に吹く風を感じながら、茶色いレンガ造りの町並みを眺めてください。自分が滞在する町がどういった場所や広さなのか、全体像や距離感を把握できますよ。

【ネパール】カトマンズ盆地を一望の仏教寺院モンキーテンプルの絶景

景色を満喫したら、仏塔の方をあらためて振り返り、風に揺れる五色の祈祷(きとう)旗や地面にひれ伏す信者を眺めてみてください。日本とは全く異なる時間の流れ方に気が付くはず。

モンキーテンプルと呼ばれるだけあって、そこかしこに居るサルもかわいいですが、けがをさせられる恐れもありますので、うかつに手は出したくないですね。

坂本正敬

,,,,, | アジア,ネパール,現地レポート,絶景,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!