> > > 朝からパリジェンヌ気分。日本でも食べられる本格フレンチな朝食のお店

,,,,,,,,,,,,,,,, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,東京都23区,現地レポート,観光,豆知識,関東

朝からパリジェンヌ気分。日本でも食べられる本格フレンチな朝食のお店

Nov 11th, 2015

フランス人は朝食に何を食べる?フレンチな朝食とは

朝食は国によって伝統や風習があります。日本ではお米に味噌汁が定番で、イギリスではフルブレックファーストと言われる伝統的な朝食があります。では美食大国のフランスでは一体どんな朝食が食べられているのでしょうか。伝統的なフランスの朝食を現地からお教えしたいと思います。

バゲット

フランス人は朝食に何を食べる?フレンチな朝食とは

フランスのパンと言えばバゲット。伝統的なフランスの朝食では必ずバゲットを食べます。できれば朝パン屋さんで買う焼きたてのバゲットを手に入れてみましょう。ホクホクのバゲットはフランスの朝食の醍醐味です。出来立てのバゲットでなくとも、オーブントースターでこんがり焼いて食べるのが一般的な食べ方です。

タルティーヌ

フランス人は朝食に何を食べる?フレンチな朝食とは

タルティーヌとはバターやジャムを塗って食べる薄切りのパンのこと意味します。パンはパンドカンパーニュやライ麦パンなどです。バターはフランス人の朝食には欠かせません。平均して年間4キロのバターをフランス国民は消費していると言われています。さすが酪農大国、世界で一番バターを摂取している国民なのです。フランス人は基本的に朝食では甘いものを食べます。多くの家庭では夏のフルーツをジャムにして保存します。一年中ジャムは朝食の食卓を彩ります。

北川菜々子

,,,,,,,,,,,,,,,, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,東京都23区,現地レポート,観光,豆知識,関東


気になる国の記事を検索!