> > > 映画「マイ・インターン」に見る、日米でのプロモーションの違い

,,,,,,,,,, | アメリカ,北アメリカ,映画,豆知識

映画「マイ・インターン」に見る、日米でのプロモーションの違い

Nov 14th, 2015

アン・ハサウェイ出演で大ヒットした「プラダを着た悪魔」の続編とも言われている映画「マイ・インターン」。日本では10月10日に公開され、オシャレなファション業界で奮闘する主人公を描いた映画が話題となっています。

映画「マイ・インターン」に見る、日米でのプロモーションの違い
(C) facebook/ワーナーエンターテイメント ジャパン

でも映画を見た方の中には、とてもいい映画だったけど、なんとなく思っていた内容と違った、なんて感じた人もいるのではないでしょうか。実は同じ映画でも、実際に映画を製作したアメリカではまったく違った形でプロモーションされているというのをご存知ですか?

日米オフィシャルサイトでの違いを比較

華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実、現代女性の理想の人生を送るジュールズ。そんな彼女の部下にシニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールズだが、いつしか彼の的確な助言に頼るように。彼の“豊かな人生経験”が彼女のどんな難問にもアドバイスを用意し、彼の“シンプルな生き方”はジュールズを変えていくー。そんな時、ジュールズは思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られることに!

映画「マイ・インターン」オフィシャルサイトより

こちらは日本版の映画紹介。仕事にプライベートに充実しているカッコいい女性・ジュールズの試練を描いています。

そしてこちらはアメリカのオフィシャルサイトでの映画の紹介。

70-year-old widower Ben Whittaker has discovered that retirement isn’t all it’s cracked up to be. Seizing an opportunity to get back in the game, he becomes a senior intern at an online fashion site, founded and run by Jules Ostin.

The Intern Official Movie Site

(日本語訳)
妻に先立たれた70歳のベンは、退職後の生活が夢見ていたものとは違っていると感じていた。社会復帰を目指すため、ジュールズの経営するファッションサイトのシニア・インターンに応募することを決意する。

Maki

,,,,,,,,,, | アメリカ,北アメリカ,映画,豆知識


気になる国の記事を検索!