> > > 【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方

,,,,,,,,,,,, | アメリカ,グッズ,ショッピング,北アメリカ,旅のハウツー,現地レポート,豆知識

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方

Nov 15th, 2015

アメリカ旅行で、風邪を引いた時、頭痛がする時、ドラッグストアへ行ってみたけど、種類が多い上英語表記が分からず、どれを選べば良いのか分からなかったという悩みを聞きます。

筆者も初めはそうでした。そこで、風邪薬、頭痛薬、鎮痛剤、抗アレルギー、切り傷の軟膏など、実際に使っている基本薬をお教えしましょう。

ただし、持病のある方、アレルギーのある方は、ご自身の使い慣れた薬をご利用くださいね。

風邪薬|Tylenol Cold(鎮静剤/解熱剤)タイレノール

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
アメリカで風邪を引いた時は、このタイレノールが一般的。お医者様も「タイレノールを飲んで、休みなさい」というほど。種類が細かく分かれているので、購入時は注意。ただし、筆者は体質に合わないので服用しません。

acetaminophen(解熱鎮痛薬)
dextromethorphan(咳止め)
phenylephrine(鼻水止め)


風邪薬|DayQuil (風邪の症状の緩和) デイクィル

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
Dayquil™ Cold & Flu Relief Liquicaps™ (風邪の症状の緩和 カプセル)

筆者は、上記のタイレノールが体質に合わない(溶けずに胃が痛くなる)ので、アメリカの風邪薬ならこちらを購入しています。全体的にそうなのですが、アメリカの錠剤は日本のものに比べてかなり大きくて、飲み込むのに苦労します。

日本でもお馴染みのヴィックスの製品なので、なんとなく安心感がありますね。昼用は眠くならないと書いてありますが、筆者は眠くなります。服用時は、運転などは避けたほうが良いでしょう。

風邪薬|DayQuil (風邪の症状の緩和) デイクィル

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
DAYQUIL™/NYQUIL™ COLD & FLU RELIEF LIQUID CO-PACK (風邪の症状の緩和 シロップ)デイクィル

上記と同じですが、シロップ。かなり甘いです。昼用、夜用と分かれており、夜用は眠くなります。が、上記でも書いているように、筆者は昼用を服用しても眠くなります。

風邪薬|999 感冒灵顆粒(風邪の症状の緩和 顆粒/カプセルともあり)

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
正直アメリカの薬は強い気がするので、近所の中国系スーパーで見つけ、服用している風邪薬。効き目が穏やかで、眠くなる、胃に違和感があるなどの副作用を感じません。日本のものに近い気がします。米系ドラッグストアにはなく、中国系スーパーで見つけられます。

風邪薬|Halls(のど飴)ホールズ

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
日本でもお馴染み、のど飴のホールズ。アメリカでは袋入りで売っていますが、ドラッグストアで探す場合、キャンディコーナーではなく、風邪薬のコーナーにあることが多いです。
ご注意くださいね。

鎮痛剤/解熱剤|Advil アドヴィル

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
熱がある時、痛みがある時。強くなく、飲みやすいのですが、眠くなります。

鎮痛剤/解熱剤|Ibuprofen アイブプロフェン

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
風邪で熱が下がらない時、お世話になっています。胃痛など副作用もなく、飲みやすいですが、眠くなります。上のアドヴィルと有効成分は同じ。各ドラッグストアのメーカーから、出ています。

アレルギーの薬|Benadryl ベナドリル

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
NYCは春というより、木の実がなる時期の秋のアレルギーが酷いです。

花粉症、虫刺されのかゆみなど、抗ヒスタミンで一般的なものがこの薬。鼻水や痰を抑えますが、眠くなる作用があります。運転前には、摂取しないこと。アルコールや催眠剤などと一緒に摂ると、危険ですので注意。

切り傷/火傷|Neosporin ネオスポリン

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
筆者のオススメ! アメリカの家庭の救急箱に必ずある黴菌の感染を防ぐ軟膏。

軽い火傷や切り傷、擦り傷など、応急手当(擦過傷なら水で洗って消毒する、火傷なら水で熱が引くまで冷やす)の後、症状が落ち着いてから塗ると、後が残らずに治ります。ただし、軽い程度に限ります。

蚊除けのスプレー|OFF! オフ

【保存版】在住者が教える!アメリカの市販薬の選び方
夏にバックヤードでパーティをする時、庭の手入れをする時に、必ず手足にスプレー。蚊に刺されません。無臭で刺激もなく、安心。筆者は2年前に、蚊のアレルギーで、腕が腫れ上がったため、夏には欠かせません。


これらが、筆者がニューヨーク生活で愛用している薬です。”Directions(服用の指示)”に必ず従って、ご自身の責任で服用してくださいね。

また、日本とアメリカでは、市販で買えるもの、処方箋なしには買えないものが異なります。愛用しているものがあれば、やはり日本からお持ちになることをおすすめします。

[All photos by Hideyuki Tatebayashi]
 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.



青山 沙羅

,,,,,,,,,,,, | アメリカ,グッズ,ショッピング,北アメリカ,旅のハウツー,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!