> > > 【オランダ】子どもの夢を国中で本気で守る、サンタクロースイベントが素敵

,,,,,, | オランダ,スペイン,ヨーロッパ,現地レポート,豆知識

【オランダ】子どもの夢を国中で本気で守る、サンタクロースイベントが素敵

Dec 16th, 2015

子どもたちにプレゼントを持ってきてくれるサンタクロースは、世界中の子どもたちの人気者ですよね。でもオランダのサンタクロースは、他の国とはちょっと違うんです。

国中がお出迎え!船で旅するオランダ版サンタクロース
(C) Naoko Kurata

まずお名前は、シンタクラース(Sinterklaas)といいます。白く長いおひげをたくわえた老紳士であることには変わりないのですが、服装は赤いマントをつけています。そして「ズワルト・ピート」と呼ばれる、おっちょこちょいな従者たちを連れているのが特徴です。このピート、煙突を通って子どもたちにプレゼントをとどけるため、顔がいつも炭で真っ黒になっています。

船で旅するシンタクラース

そして、通常のサンタクロースがトナカイのソリで世界中の街を回るのに対し、シンタクラースは船でやってきます。普段はスペインに住んでいるそうで、毎年11月中旬ごろにやってきます。どの港に着くかは毎年変わり、直前になるまで分かりません。2015年はドレンテ州のメッペルという場所にシンタクラースご一行が入港したのですが、市長直々に「わが州への初めての入港にとても感激しています」とコメントを出しました。

国中がお出迎え!船で旅するオランダ版サンタクロース
(C) Het Verscholen Drop

港や沿道では、大勢の人たちがシンタクラースご一行を歓迎するために駆けつけています。シンタクラースを一目見たいと思うのは大人も子どもも変わらないようで、航路沿いの街ハルデルウェイクにある宿泊施設のHet Verscholen Dropは、「シンタクラースがこの街を通りました!」とばかりに大きな画像を自社のホームページに掲載しています。目の前を通過したのが嬉しかったんでしょうね!

そして、このシンタクラースのオランダ到着の様子は、テレビ中継もされるというから驚きです。

子どもの夢を守るイベント

肝心の子どもたちへのプレゼントは、12月5日の夜に届けられます。そして翌12月6日、シンタクラースはピートたちを連れて、ひっそりと誰にも知られることなくスペインに帰っていくのだとか。

「じゃあ、12月25日のクリスマスは祝わないの?」と思いますよね? そのクリスマス当日は、日本のお正月のように家族で過ごすための日になります。もちろん教会のミサに参加する人も大勢います。サンタクロースがキリスト教の聖人であるのに対し、シンタクラースは宗教色を排した、どんな人でも楽しめる子どものためのイベントなのです。

国中がお出迎え!船で旅するオランダ版サンタクロース
(C) Naoko Kurata

そして時には、学校にシンタクラースがやってきてプレゼントをくれたりもします。神妙にお話を聞く子どもたちが可愛いですね。子どもたちの夢のために、テレビ中継したり政治家もコメントを出したり、時には学校も協力したり。とっても微笑ましいイベントですね。こういう国で育つ人にとって、子ども時代は楽しい思い出として記憶に残るのではないでしょうか。



[Landelijke intocht Sinterklaas in 2015 in Meppel]

倉田直子

,,,,,, | オランダ,スペイン,ヨーロッパ,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!