> > > 今この瞬間を大事にしたい-暗闇ごはんで、料理僧が現代人に伝えたいこと。

,,,,,, | グルメ,東京都23区,現地レポート,関東

今この瞬間を大事にしたい-暗闇ごはんで、料理僧が現代人に伝えたいこと。

Jan 8th, 2016

視覚を完全遮断!暗闇ごはんで、料理僧が現代人に伝えたいこと。

みなさんは1日3食、しっかり摂っていますか? 忙しさにかまけて、朝食は抜き、ランチは職場の机でお弁当、という方も多いはず。今回は、食事を通して向き合うことの大切さを教えてくれる、風変わりな催しを紹介します。

それが、「暗闇ごはん」。月一回開催されるこの企画では、東京都台東区の緑泉寺住職・青江覚峰(あおえ かくほう)さんが、暗闇の中、アイマスクをつけた参加者に料理を振舞います。視覚を奪われた状態で、残された感覚を研ぎ澄まし、じっくりと料理を味わいながら食事を進めます。

時間優先の日々が気づかせてくれたこと

視覚を完全遮断!暗闇ごはんで、料理僧が現代人に伝えたいこと。

青江さんは過去に、MBA取得のため留学していたアメリカで多忙な日々を送っていたそうです。時間を惜しむあまり、机に張り付き片手でコーンフレーク食べていたというほど。

しかし、その後日本に帰国し僧侶となり、ゆっくりと時間を過ごすようになって初めて、日頃の私たちがいかに時間に追われて生活しているかということに気付いたそうです。目の前の物と向き合う食事ではなく、時間と向き合う食事。

そうした経験から、「暗闇ごはん」が生まれました。

HACHI

,,,,,, | グルメ,東京都23区,現地レポート,関東


気になる国の記事を検索!