> > > 美しさに心まで白く染まりそう。一人旅で訪れたい「津軽海峡」冬景色

,,,,,, | 北海道,北海道・東北,現地レポート,観光,青森県

美しさに心まで白く染まりそう。一人旅で訪れたい「津軽海峡」冬景色

Jan 20th, 2016

「上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中・・・」というフレーズがあまりにも有名な『津軽海峡・冬景色』。雪に包まれる青森は心が研ぎ澄まされそうな冬の情景が広がり、しっとり一人旅するのには最高の場所。今回は歌詞にも登場する「竜飛崎(たっぴざき)」までの旅をご紹介しましょう。

旅のはじまりは青森駅

一人旅で訪れたい、美しすぎる津軽海峡の冬景色

期待通り、青森駅は雪の中。上野〜青森を結ぶ寝台特急「あけぼの」は2014年3月をもって定期運行が廃止され、今では「上野発の夜行列車」に乗車することはできないんです(1970年代に全盛期を迎えたものの、新幹線や他交通機関の発達により徐々に衰退していったようです。時代の流れとはいえど、寂しいものです)。

一人旅で訪れたい、美しすぎる津軽海峡の冬景色

竜飛崎の玄関口、三厩駅までは津軽線を利用。蟹田駅で一度乗り換えます。キハ40系ディーゼル列車はどこか懐かしいノスタルジックな雰囲気。

一人旅で訪れたい、美しすぎる津軽海峡の冬景色

旅情をそそるボックス席。車窓に広がるのは、心まで白く染めてくれそうな一面の銀世界。

一人旅で訪れたい、美しすぎる津軽海峡の冬景色

どこかほっと落ち着ける、寂しげな冬の海。この景色に静かに浸れるのも一人旅の醍醐味かもしれません。

一人旅で訪れたい、美しすぎる津軽海峡の冬景色

終点の三厩駅。津軽半島最北端の駅舎は雪と静寂に包まれています。

Nao

,,,,,, | 北海道,北海道・東北,現地レポート,観光,青森県


気になる国の記事を検索!