> > > 世の中にはこんな美味しいものがある!ベビーが夢中になった衝撃の味とは?

,,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識

世の中にはこんな美味しいものがある!ベビーが夢中になった衝撃の味とは?

Jan 24th, 2016

「ああ、世の中にはこんなに美味しいものがあったんだ。生きるって素晴らしい」。

初めて食べた時に、衝撃を受けた味がありましたよね。幼少の頃は、アイスクリームやチョコレート。もう少し大きくなると、カツ丼とかハンバーグとか?

初めて出会う、人生を変えた味

米国カリフォルニア州在住の生後19ヶ月イーストン(Easton)君の場合は、両親にクリスマスに与えられたコレでした。彼の人生を変えた瞬間を、ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=OtMVMNST_g4
【Baby’s First Bacon】

何かな?コレ

クリスマスの朝、サンタ柄でおめかしのイーストン君。ママから何か食べ物をもらいました。カリカリしているけど、何かな? コレ。

世の中にはこんな美味しいものがある!ベビーが夢中になった衝撃の味とは?
Capture by Sara Aoyama

ベーコンとの遭遇

うーん、モグモグ。

・・・ウマイ! 今まで食べたことのない味だ! こ、こんなに美味しいものがあったなんて。
世の中にはこんな美味しいものがある!ベビーが夢中になった衝撃の味とは?
Capture by Sara Aoyama

人生が変わってしまった!

感激のあまり、目を見開き、うっとりと恍惚状態のイーストン君。親から「ベーコン」だと聞くや、愛しのベーコンの名を叫び続けます。もう、ベーコンのことしか考えられません。

世の中にはこんな美味しいものがある!ベビーが夢中になった衝撃の味とは?
Capture by Sara Aoyama

驚異の再生回数

 
イーストン君のママが、2015年12月25日にFacebookにアップしたら、イーストン君の可愛いリアクションに大反響14,435,371回(2016年1月6日現在)もの再生回数という人気ぶり。

アメリカ人はベーコンに夢中

アメリカ人はベーコンが大好き。ベーコンエッグや、ハンバーガーの追加トッピング、サラダにも欠かせません。

ドーナッツ+ベーコン!

日本人には「まさか!」の組み合わせ。アメリカ人にとってはノープロブレム。彼らは、甘じょっぱい味が大好きなのです。

ベーコンにはこんな意味がある

英語で”bring home the bacon”とは、「生活費を稼ぐ」(ベーコンを持って帰る)ことを指します。家族にご馳走を持って帰る=「養う」という意味なのでしょうね。

ベーコン好き用のデートアプリ

そこまでやるか!のベーコン好き向けiPhoneアプリ。その名も”Sizzl“。sizzleとは、「(ベーコンを焼く時の)ジュージューいう音」。

「ベーコンの種類はポークとターキーのどっちが好み?」「焼き加減はカリカリ、しっとり、焦がし気味のどれが好き?」などの好みを選択していき、好みのマッチする人がピックアップされます。「ベーコンが嫌いな人なんている?」というスタンスなので、アメリカ人がいかにベーコン好きなのかお分かりになるでしょう。無料アプリなので、ベーコン好きは試してみてください。

世の中にはこんな美味しいものがある!ベビーが夢中になった衝撃の味とは?
(C) 2015 Apple Inc.

アメリカ人のベーコン好きは半端じゃありません。しかしながら1歳半のイーストン君がベーコンの味を覚えるのは、早過ぎる気もしますね。

WHO(世界保健機関)赤身肉(牛、豚、羊など)、ハム、ソーセージ、コーンビーフなどを日に50グラム以上食べると、大腸がんが発症するリスクが18%高まると発表しています。

美味しくても、ほどほどに抑えたほうが良さそうですよ。

青山 沙羅

,,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識


気になる国の記事を検索!