> > > ホームステイ先で驚いた、他の国とは違うイギリス流チーズの楽しみ方

,,,,, | イギリス,グルメ,ヨーロッパ,現地レポート

ホームステイ先で驚いた、他の国とは違うイギリス流チーズの楽しみ方

Feb 6th, 2016

先日、イギリスの歴史ある学園都市・オックスフォードで暮らす、イギリス人のご家庭にホームステイする機会がありました。食事をひととおり終えたあと、「さぁ、これからチーズをいただきましょうか」と笑顔のホストマザー。「チョコレートムースのあとにチーズですか!?」と驚いたのは言うまでもありません。

フランスやイタリアとは違う、イギリス流チーズの楽しみ方

今回は、ホームステイの際に学習した「イギリス流チーズの楽しみ方」をお伝えします。まずはイギリスを代表する「チェダーチーズ」と「スティルトン」の歴史からスタートすることにしましょう!

イギリス生まれの「チェダー」と「スティルトン」

世界一の生産量を誇る「チェダーチーズ」。12世紀後半から食べられているチーズで、イギリス南西部にあるサマセット州にあるチェダー町に由来するそうです。イギリス人は移民先のオーストラリアやニュージーランドなどでも積極的にチェダーを作ってきたこともあり、世界中で広く食べられているチーズのひとつ。プロセスタイプになりますが、ハンバーガーのチーズとしてもお馴染みですよね。

フランスやイタリアとは違う、イギリス流チーズの楽しみ方

ナチュラルタイプのチェダーは、ナッツのようなコクとクリーミーな味わいです。熟成期間により、芳醇な香りと味わいに変化するのも魅力的。

続いてイタリアのゴルゴンゾーラ、フランスのロックフォールと共に世界三大ブルーチーズのひとつに数えらる「スティルトン」。誕生秘話には諸説ありますが、18世紀の初頭にスティルトン村の「The Bell Inn Hotel Stilton」という宿泊施設が販売し始めたというのが有力のよう。ちなみにこのホテルは今でも健在です。

フランスやイタリアとは違う、イギリス流チーズの楽しみ方

スティルトンは青カビ独特のピリッとした刺激が柔らかく、濃厚ながらも優しい味です。ポートワインと一緒に頂くのが、本来の食べ方なのだそうですよ。

sweetsholic

,,,,, | イギリス,グルメ,ヨーロッパ,現地レポート


気になる国の記事を検索!