> > > 【シェフ直伝】からだの中から春をむかえる準備をするレシピ3選

,,,,,,,, | グルメ,東京都23区,関東

【シェフ直伝】からだの中から春をむかえる準備をするレシピ3選

Feb 14th, 2016

突然スケールの大きな話になりますが、宇宙の法則「陰陽原理」によると、陰陽のバランスをととのえ、からだはつねに「中庸」にしておくことが大事なのだそう。

つまり、冷えすぎず、火照りすぎず、バランスよくということですね。このバランスがとれていないと、たちまち頭痛がしたり心が鬱っぽくなったり、心身の不調が目につくようになるのです。

気持ちがあがらないとき、わたしたちはいろんな角度から元気になろうとしますが、食べもので元気になるというのも方法のひとつ! というわけで、からだを「中庸に」もどすようなメニューを提案します。しかも、またまた柿元シェフ(いつもTABIZINEのレシピ記事で筆者がお世話になっています)にお願いして「かんたん、満足感、おいしいもの」というわがままレシピ。これで元気に2月をのりきりましょう!

大根とかぶのきんぴら

ゆううつな2月を元気にのりこえるメニュー

大根とかぶ(かぶは食べ物陰陽表にはのっていませんでしたが中庸の食材)を使用した簡単きんぴらです。いつものきんぴらよりもあっさりしていて、ご飯のおともにもぴったりの一品です。

【レシピ】(2人分)
大根 100g
かぶ 100g
しいたけ出汁 40cc
醤油 15cc
唐辛子 二分の一カケ
塩 適量
ごま油 10cc
黒ごま お好み

1、大根をいちょう切り、かぶをくし切りにします。
2、フライパンにごま油をひいて唐辛子を入れ火にかけます。
3、ごま油が温まったら1を入れ1分ほど炒めます。
4、しいたけ出汁と醤油と塩を入れ水分がなくなるまで炒めます。
5、水分がなくなったら火をとめ、黒ごまをお好みでふりかけできあがり。

京田未歩

,,,,,,,, | グルメ,東京都23区,関東


気になる国の記事を検索!