> > > まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

,, | アメリカ,グルメ,北アメリカ,現地レポート

まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

Mar 3rd, 2016

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

フランス語で「毎日」という意味の「Tous Les Jours/ト・レ・ジュール」は、1997年韓国で創業以来、着実に店舗数を増やし、2004年に全米進出したベーカリーです。イリノイ州ではシカゴ郊外に2店舗オープンしています。

今回は、その2店舗を合わせてご紹介しましょう。まず、こちらは、イリノイ州1号店のグレンビュー店です。

まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

韓国系のお店が集まる新しいモールの一角にあります。

そして、こちらは、2015年オープンのイリノイ州2号店目となるシャンバーグ店です。

まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

シャンバーグは、人気ショップが多く集まっている街です。どちらも店内は明るく、木目調の内装で、優しい雰囲気です。

まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

食パンの種類も豊富です。

まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

デニッシュや揚げパンも充実しています。

しらはぎ。

,, | アメリカ,グルメ,北アメリカ,現地レポート


気になる国の記事を検索!