> > > 世界的ガイドブックが選ぶ!アジアのトップビーチに国内で唯一入った島々

,,, | 九州・沖縄,沖縄県,観光

世界的ガイドブックが選ぶ!アジアのトップビーチに国内で唯一入った島々

Mar 8th, 2016

世界的ガイドブックが選ぶ!アジアのトップビーチに国内で唯一入った島々がすごい

今回は世界的な旅のガイドブック『Lonely Planet』が選ぶアジアのトップビーチの中で、唯一ランクインした日本の絶景ビーチを紹介します。その中にはちょっと意外な島も含まれていますので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

アジアのトップビーチに選ばれた慶良間(けらま)諸島とは?

世界的ガイドブックが選ぶ!アジアのトップビーチに国内で唯一入った島々がすごい

『Lonely Planet』が選んだアジアのトップビーチを見ると、多くは東南アジアの美しいリゾート地が挙げられています。

例えばタイのパンガン島やライレイビーチ、インドのハブロック島など。世界的にも有名な場所ばかりですが、その中に日本の南西諸島もランクインしているんです。

南西諸島とはざっくりと言えば、鹿児島県の種子島や屋久島などの大隅諸島をスタートとし、八重山列島まで続く島々を意味します。

南西諸島の主な見どころとして、屋久島や奄美大島、沖縄本島、宮古島、西表島などが当然のように紹介されていますが、ちょっと意外だった点が慶良間(けらま)諸島について。

世界的ガイドブックが選ぶ!アジアのトップビーチに国内で唯一入った島々がすごい

屋久島や奄美大島、宮古島や西表島は誰でも知っていると思いますが、慶良間諸島がどこにあるのか、地図の上で指を差せる県外在住の日本人は、それほど多くはないはずです。

わざわざスペースの限られた短い解説文の中で、他のメジャーな島々と並んで紹介されている慶良間諸島とは、一体どういった場所なのでしょうか?

坂本正敬

,,, | 九州・沖縄,沖縄県,観光


気になる国の記事を検索!