> > 「一人が好きな人」に読んでほしい。妙に共感してしまう蛭子さんの幸福論

,,,, | 豆知識

「一人が好きな人」に読んでほしい。妙に共感してしまう蛭子さんの幸福論

Mar 9th, 2016

facebookやツイッターなどのSNSが普及した今日この頃。コミュニケーションツールが便利になった一方で、なんとなく「友だちとのつながり」や「友だちの多さ」が必要以上に気にされているように感じたことはないでしょうか?

もちろん一緒にいて心から笑顔になれるような友だちや、人とのコミュニケーションは大切ですが、「必要以上の人と群れるのが苦手」「一人で行動するのが好き」という人も少なくないと思います。しかしなんとなく「絆」や「つながり」が良しとされるようなこの時代に、「一人が好き」と堂々と言うのは少々ためらってしまうことも。

筆者もその一人で「必要以上に群れる」のが苦手なのですが、「その考えはやっぱりダメなのかな・・・」という気持ちを抱くこともありました。それがある本を読んでから「あ、私はこれでいいのかも」と、ほっと楽に思えるようになったのです。

それは蛭子能収さん著書の「ひとりぼっちを笑うな」。


「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」などの番組をはじめ、最近テレビで引っ張りだこの蛭子さん。一見おっとりした性格に見えながらも、時には自由すぎる発言をしてしまうなど、独特の存在感を感じます。「内向的人間の幸福論」をテーマとしたこの本では、「人と群れない、繋がらない」という持論を展開し、蛭子さんの人生哲学が綴られています。

そんな蛭子さんの哲学のエッセンスをちょっとご紹介したいと思います。

Nao

,,,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!