> > > 実はエイプリルフール発祥の地!?フランスのエイプリルフールは「魚の日」

,, | フランス,ヨーロッパ,豆知識

実はエイプリルフール発祥の地!?フランスのエイプリルフールは「魚の日」

Apr 1st, 2016

笑い飛ばせるような軽いウソをついてもOKな日として、世界で親しまれているエイプリルフール。各メディアやインターネット上のウソ探しがとても楽しみな日でもあります。

フランスのエイプリルフールは「魚の日」!?

実はエイプリルフール発祥の地として有力なのがフランス。当地ではエイプリルフールは「4月の魚(Poisson d’avril/ポワソン ダヴリル)」と呼ばれています。なぜ魚なのか、気になりませんか? 

新年の始まりは4月1日だった

諸説あるとされているフランスのエイプリルフールですが、有力とされるのは次のお話です。時は1564年、当時の王様シャルル9世が暦(現在の太陽歴)を採用すると発表。これに従い、年の始まりをこれまでの4月1日から1月1日に変更することに。当時のフランスの人たちは懐疑的だったようです。

フランスのエイプリルフールは「魚の日」!?

当時のフランスでは新年(4月1日)に贈り物を交換する習慣があったそうで、年の始まりは1月1日とされたあとも、4月1日に贈り物を交換する人たちが少なくなかったのだとか。数百年の時を経て、この習慣はギフトからジョークに変わったというのが言い伝えです。

sweetsholic

,, | フランス,ヨーロッパ,豆知識


気になる国の記事を検索!