> > > 【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/第2回「子どもとはスカイプで繋がっている」

,,, | アメリカ,メキシコ,中南米・カリブ,北アメリカ,現地レポート,豆知識

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー/第2回「子どもとはスカイプで繋がっている」

Apr 11th, 2016

ニューヨーク在住、TABIZINEライターの青山沙羅です。あらゆる国から人が集まっている、ニューヨーク。この街には集まった人の数だけ、異なる人生があります。世界の大都会を輝かせているのは、この街を目指した人々の希望、絶望、涙、吐息。筆者の心に残る、忘れられないニューヨーカーたちとの出逢いを語ってみましょう。絵空事ではない、あなたが知らないリアルなニューヨーカーとは。

■関連記事
【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー
第1回「グアテマラから歩いてきた彼」
第3回「出逢いと別れを繰り返す街」
第4回「ゲイカップルのデザイナー・ベイビー」
第5回「NYCの食は僕たちが支えている」
第6回「僕はテロリストじゃない」

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける

連載【あなたの知らないリアルなニューヨーカー 】家族はスカイプで繋がっている
(C) Hideyuki Tatebayashi
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

小柄で美しい、メキシコのマリア

筆者の通った英語のクラスでは、アメリカの隣国メキシコの人がやはり多かったように思います。目がぱっちりと大きく、黒髪を一つに束ねていたメキシコ出身のマリア。穏やかな顔に似合わず、意志の強い目を持った美しい人。小柄なせいもあり、ティーンエイジャーにしか見えませんでした。

連載【あなたの知らないリアルなニューヨーカー 】家族はスカイプで繋がっている

美しい字を書く人

午後のクラスの教室に移動して座っていると、マリアに廊下から呼びかけられました。どうやら、午前中のクラスから追いかけてきたようです。

「昨日休んだので、ノートを見せて欲しいの」
「もちろん、どうぞ」

マリアの真面目な人柄は、彼女のノートを見れば分かりました。ノートには綺麗な読みやすい字で、文法や単語が綴られていました。

連載【あなたの知らないリアルなニューヨーカー 】家族はスカイプで繋がっている

青山 沙羅

,,, | アメリカ,メキシコ,中南米・カリブ,北アメリカ,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!