> > フードライター直伝!海外旅行で間違いのないレストランを選ぶ4つのコツ

,,,, | 旅のハウツー

フードライター直伝!海外旅行で間違いのないレストランを選ぶ4つのコツ

Apr 15th, 2016

限られた日数での海外旅行、できる限りおいしい食事にありつきたいものです。観光ガイドブック掲載のお店は安心ですが、レストランが広告掲載料を支払って掲載をお願いしているケースも多いため、味は可もなく不可もなく・・・という場合が多々あります。

フードライター直伝! 海外旅行先でレストラン選びに迷ったときに試したいこと4つ 

言葉の通じない国では、レストランの当たりハズレを見分けるのが難しいことも。しかしながら、ちょっとしたポイントを押さえることで、どの国でも失敗のない店選びができるようになります。各国を食べ歩くなかで身につけた「間違いのないレストランや外食選びのコツ」をこっそりお伝えしましょう。これできっと、次回から「ハズレた・・・」なんてことはなくなるはず!

観光地から少し離れた、ローカルが集うレストラン

初めて訪れる土地だと、観光地を巡る人も多いと思います。しかし、観光名所付近で食事をするのはあまりオススメできません。というのも、お高めな「観光客プライス」になっているからです。そしてできれば、日本語メニューがあるお店は避けたいもの。

フードライター直伝! 海外旅行先でレストラン選びに迷ったときに試したいこと4つ 
(C)sweetsholic

観光地で目にする多くの料理は、路地裏や観光スポットから少し離れた場所を目指せば、かなりお得に食べられます。路地裏の店を選ぶ際には、ローカル(地元客)の多いところを選ぶようにしてみましょう。ローカルが集うところは、当然ながら味のよいレストランが多いのです。

筆者が南仏マルセイユに出かけた直近の例では、観光名所では名物料理の「ブイヤベース」の相場が1人前6500〜8000円でしたが、観光スポットから3駅ぐらい離れたレストランでブイヤベースを食べたら、前菜とデザート、しかもグラスワイン付きで約2300円。常連さんも多数見受けられ、味もバッチリでした。

続いて、気軽に食事を楽しみたいときの外食先の選び方をご紹介します。

sweetsholic

,,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!