> > > 【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー /第4回「ゲイカップルのデザイナー・ベイビー」

, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,豆知識

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー /第4回「ゲイカップルのデザイナー・ベイビー」

Apr 25th, 2016

ニューヨーク在住、TABIZINEライターの青山沙羅です。あらゆる国から人が集まっている、ニューヨーク。この街には集まった人の数だけ、異なる人生があります。世界の大都会を輝かせているのは、この街を目指した人々の希望、絶望、涙、吐息。筆者の心に残る、忘れられないニューヨーカーたちとの出逢いを語ってみましょう。絵空事ではない、あなたが知らないリアルなニューヨーカーとは。

■関連記事
【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー
第1回「グアテマラから歩いてきた彼」
第2回「子どもとはスカイプで繋がっている」
第3回「出逢いと別れを繰り返す街」
第5回「NYCの食は僕たちが支えている」
第6回「僕はテロリストじゃない」

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける


ニューヨークでは今まで自分が見ることがない、別世界の出来事に巡り合うことがあります。

それはマンハッタンの超高級コンドミニアム(日本でいう億ション)のラウンジで、コーヒーを飲んでいた時のことでした。コンドミニアムの住居者用ラウンジには、香り高いコーヒーや、色々な種類の紅茶やハーブティー、フレッシュジュースが用意されています。

すべて無料で頂けるので「この次は何を飲もうかな」などと考えていました。このコンドミニアムに住むのに、どれだけの費用が必要なのかは知る由もありません。筆者が住んでいるのはクイーンズ地区の安アパートで、ここには知人の引越しのお手伝いに来ただけなのですから。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー /ゲイカップルのデザイナー・ベイビー
(C) Hideyuki Tatebayashi
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

高級コンドにリッチなヤッピーのファミリー


マンハッタンビューのラウンジには、子供を連れたヤッピー(都市部に住む、若い知的職業の高給取りの男性)二人が思い思いにソファで寛いでいました。

カジュアルなスタイルであっても、彼らの着ている服が高級ブランドのものであることは見て取れました。筆者とは関わることのない、全く別世界の人間です。しきりに父親に話しかけている女の子は、お人形のようなドレスを着ていました。

母親らしい女性は見当たりませんでしたが、「お母さんがお出かけなので、お父さんが子供の面倒を見ているのね」くらいにしか感じなかったのです。知人は、知り合いらしいその白人のヤッピーと話していました。

【連載】あなたの知らないリアルなニューヨーカー /ゲイカップルのデザイナー・ベイビー

青山 沙羅

, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!