> > > 初夏の京都、行ってみたい新緑のカフェめぐり5選

,,,,,, | グルメ,京都府,近畿

初夏の京都、行ってみたい新緑のカフェめぐり5選

Jun 2nd, 2016

初夏の京都、行ってみたい新緑のカフェめぐり

四季折々の魅力を見せる京都。春の桜も、秋の紅葉も素敵ですが、青もみじなど、新緑の美しいこの季節も良いものです。身も心も緑に染まりそうな今の季節だからこそ、行きたいカフェがありますね。

新緑に染まる嵐山


店先のテラスからは、四季折々の嵯峨嵐山の景色が。夏は新緑が目に染みるようです。青もみじをあしらった濃茶のパフェも。ゆるやかに流れる時間を大切にしたいです。

[嵐山 さがの楓カフェ]

抹茶系和スイーツ(グリーン色のデザート)にゾッコン


ザ・京都の趣き。暖簾をくぐるのは、期待と緊張でちょっとドキドキ。わらび餅パフェをどうぞ。

[茶寮翠泉]

青もみじの庭 和菓子でひとやすみ


ガラス窓からは、広いお庭が眺められます。景色は目のご馳走ですね。新緑の季節には、もちろん「抹茶あんみつ」を。大人のあなたにふさわしいお店です。

[虎屋菓寮]

春と秋のみ営業のカフェ

 

大原三千院近くにある、春と秋の週末限定のカフェ。春は、4/1(金)〜 6/26(日)までの営業です。元々は、明治時代の日本旅館。100人の職人が携わり、京都の建設会社がリノベートに1年半かけた傑作。ハンドメイドの今週のケーキが楽しみ。可愛い水玉のケーキのことも。テーブル席のほかに、畳がホッとする和室もあります。風情のあるお庭を愛で、日本家屋の良さを味わう休日が過ごせます。

Book & Café Apied(アピエ)
※春と秋のみ 
2016年春のカフェ 4/1(金)〜 6/26(日)金、土、日、祝日のみ営業

13時からのにゃんこパフェが人気


二条城や京都御所近くにある、築150年の京町家を改装したブックカフェ。町家に似合う坪庭は季節の彩りを添えてくれます。元グラフィックデザイナーのオーナーは、「旅するように暮らす」がモットー。畳敷きにちゃぶ台の店内は、私たちをタイムトラベルに誘います。

このカフェを有名にしたのが、ありえないくらい可愛いにゃんこパフェ。1日20個限定、13時から。フルーツは季節により変わります。にゃんこパフェのため京都を目指すも、数量限定のためありつけず、涙するファンもいるとか。

ご夫婦二人で営業されているカフェなので、オーダーしたら、ゆっくり本を眺めて登場を待ちましょう。

[古書と茶房 ことばのはおと]

緑に染まる休日。カフェで過ごす、ゆるやかに流れる時間。忘れられない旅になりそうです。

青山 沙羅

,,,,,, | グルメ,京都府,近畿


気になる国の記事を検索!