> > > 「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

,,,,, | ドイツ,ヨーロッパ,観光

「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

Jul 4th, 2016

ドイツ東部、ザクセン州の州都ドレスデン。しばしば京都にもたとえられる歴史の香り高い魅力をご紹介しましょう。

美しき古都ドレスデン

「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

中世の時代にはエルベ川の水路を生かした商業都市として発展し、16世紀以降はザクセン王国の都として栄えました。

18世紀にヨーロッパ有数の都市に発展したドレスデンにはバロック様式の宮殿や教会といった壮麗な建造物がつくられ、「百塔の都」と称賛される美しい街並みを誇っていました。ところが第二次世界大戦の空襲により無残にも街のほとんどを破壊されてしまいます。

戦後段階的に街の再建がなされ、「エルベ川のフィレンツェ」と謳われる美しい姿がよみがえりました。

「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

歴史を感じさせる重厚な建物の数々に囲まれるとまるでバロック時代にタイムスリップしたような気分になることでしょう。

「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

ですが一見古そうな建造物のほとんどは、戦後忠実に復元されたもの。荘厳な建物の数々が戦後につくられたものだとはにわかには信じがたく、長い年月をかけてドレスデンの街を再建した人々の情熱に心打たれます。戦災からよみがえった古都は平和への願いを体現しているかのようです。

それでは旧市街の見どころをご紹介しましょう。

ドレスデン城

「ドイツの京都」といわれる美しきバロックの古都・ドレスデン

12世紀から代々のザクセン国王の住まいとして使われていた居城。現在内部は「緑の丸天井」と名のついた宝物館や博物館となっており、王たちが収集した宝飾品などが展示されています。その贅を尽くした内装や、世界一大きな緑のダイヤモンドなどの豪華コレクションは目もくらむほど。

赤松春奈

,,,,, | ドイツ,ヨーロッパ,観光


気になる国の記事を検索!