> > > ナポレオンも愛した世界最古の薬局で、「王妃の水」を手にいれる。

,,, | イタリア,ヨーロッパ,現地レポート,観光

ナポレオンも愛した世界最古の薬局で、「王妃の水」を手にいれる。

Jul 19th, 2016

まるで絵本の中へ入ったような世界が広がるイタリアの古都、フィレンツェ。そんな街の一角でひっそりと創業当時そのままの姿で今現在も営業している世界最古の薬局があります。その名は「サンタ・マリア・ノッヴェラ薬局」。今回はその扉をあけて、お洒落なイタリアっ子の秘密を垣間みてみましょう。


ナポレオンも愛した世界最古の薬局で、「王妃の水」を手にいれる。
(C)Saya Meguro

古都フィレンツェで800年続く歴史とは?

ナポレオンも愛した世界最古の薬局で、「王妃の水」を手にいれる。

中世のフィレンツェはメディチ家の隆盛によって世界でも力を持つ豊かな存在の象徴となっていました。もともとメディチ家というのは薬や香料、香辛料などで財を成した一家であったことから、”Medical(薬)”の語源は”Medici(メディチ)”からきたと言われています。そんな時代に人々の医療の支えとなったのがまさにこのサンタ・マリア・ノッヴェラ薬局。どうしてそこまで人々に愛される薬局となったのか? それには頷くに等しい理由がありました。

自然治癒と癒しがテーマ

ナポレオンも愛した世界最古の薬局で、「王妃の水」を手にいれる。
(C)Saya Meguro

創業当初から今日まで続くこの薬局のポリシーは「自然治癒と癒し」。当時は隣接するサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の修道士たちが、庭で栽培する薬草から薬、香料を作るようになったのがこの薬局のはじまりでした。人々の調子に合わせて特別に調合する薬は、オーガニック思想の先駆けでもあったのです。

オーデコロン発祥の地

ナポレオンも愛した世界最古の薬局で、「王妃の水」を手にいれる。
(C)Saya Meguro

そしてこの薬局のもうひとつの魅力のひとつに、「香り」があります。なんとこのサンタ・マリア・ノッヴェラ薬局こそが、オーデコロンの起源であり、それをヨーロッパ国内のみならず、全世界へと広めた由緒ある薬局でもあったのです。その人気ぶりは、当時あのナポレオンまで虜にしたと言われています。

目黒沙弥

,,, | イタリア,ヨーロッパ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!