> > > 海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜

,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識

海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜

Aug 18th, 2016

海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜

「日本人は感情を表に出さない」と言われます。「感情がないみたい」とも。でも、感情がないわけでは勿論なく、心の中ではしっかり何かを感じているんですよね。

海外の人にはなかなか理解してもらえない、英語に訳しにくい感情表現を5つ挙げてみました。




悔しい

海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜

「悔しい~あと一点で満点だったのに!」「いいところなのにアプリがフリーズしちゃったよ、悔しい!」。頻繁に味わうこの「悔しい」という感情、実は英語にするのがなかなか難しい表現です。

悔しさの中身を解剖すると、苛立ち、腹立たしさ、後悔、がっかり感などがないまぜになっていませんか。それぞれはI’m really frustrated!(ほんとイライラする!)、So disappointed.(もうガッカリだよ)などと表せますが、それらを一緒くたに表す英語は見当たりません。

英語圏の人たちは、苛立つ時は真っ赤になって苛立ち、ガッカリする時はそれはもう青ざめるほどにガッカリします。苛立ちも後悔の念も少しずつじんわり味わう「悔しさ」は、日本人ならではの感情のような気がします。

もどかしい

何を考えているかわからない?英語に訳すのが難しい日本語の「感情」表現

「うーん、私が言いたいのはそうじゃなくて・・・」「足の裏がかゆいのに、靴を履いていたらかけないよ!」この「もどかしい」という感情、中国の故事には隔靴掻痒(かっかそうよう)という言葉がありますが、英語にするのは厄介です。

和英辞書をひくと、前述と同じbe frustrated(イライラする)が出てきますが、これこそかなりもどかしい訳。だって、「もどかしさ」に込められているのはイライラだけではないと思いませんか。苛立ち以上に「どうにかしたい!」という切望やじれったさ、時には悲しみなんかもあるはずです。

「『もどかしい』って、なかなか英語に訳せず、もー、もどかしい! この気持ちが『もどかしい』なの。わかる?」と説明すれば、少しはニュアンスが伝わるでしょうか。

トゥルーテル美紗子

,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識


気になる国の記事を検索!