> > > 届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

,, | エクアドル,中南米・カリブ,豆知識

届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

Aug 23rd, 2016

届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

遠い外国から手紙が突然届いたら、驚きますよね。しかもそれが、「ガラパゴス諸島」からだったりしたら尚更ではないでしょうか。ガラパゴス諸島のとある島には、かつての旅人たちが作り上げたアナログな、しかしとてもロマンのある郵便ポストがあるのでご紹介したいと思います。

動物たちの楽園、ガラパゴス諸島

届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

ガラパゴス諸島(スペイン語: Islas Galápagos、英語: Galápagos Islands)は、南米エクアドルに属する島々。赤道直下に位置し、名前のある島だけでも大小123の島々があるのだとか。 周囲から孤立していたために生物が独特の進化をとげ、ガラパゴスに行かなければ見られない多くの固有の動物たちが生息していることでも知られています。

届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

そんな島々の中に、フロレアーナ島(Floreana Island、別名サンタマリア島)という100人程度の人々が住む島があります。

届くかどうかは運次第。旅人が手紙を運ぶガラパゴス諸島の無人郵便局

面積173平方キロメートルのこの小さな島の名物は、島北部にあるフラミンゴの繁殖地と、なんと無人郵便局だというのです。いったいどうして郵便局が名物になるのでしょうか。

倉田直子

,, | エクアドル,中南米・カリブ,豆知識


気になる国の記事を検索!