> > これぞクールジャパン!世界共通語になった日本語10選〜Senpaiも!〜

,, | 豆知識

これぞクールジャパン!世界共通語になった日本語10選〜Senpaiも!〜

Sep 12th, 2016

こんなものまで!そのまま世界共通語になった日本語10選
いまは世界で訳されることなく共通語となった ”Sushi” や ”Karaoke” はもちろん、実は海外では英語に変換されることなく日本語として浸透した言葉はたくさんあります。メジャーで身近なものから意外なものまで、幅広く「10の日本語」をご紹介いたします。

1.Emoji(絵文字)

こんなものまで!そのまま世界共通語になった日本語10選
意外や意外! 実は絵文字の文化は日本が発祥で、これは海外でもそのまま”Emoji”と呼ばれているのです。いまは絵文字メーカーという自分そっくりのアバターの絵文字を作るアプリまであり、アメリカでは大ヒット中。アメリカ人のなかには、日本語だと知らずに”Emoji”と呼んでいる人も多いほどこの言葉は浸透しています。

2.Panko(パン粉)

こんなものまで!そのまま世界共通語になった日本語10選
さほど有名ではなかったパン粉ですが、日の目を浴びるようになったのはアメリカの有名シェフがレシピで多用するようになってから。いまでは”Food Network”という日本版「料理の鉄人」でもパン粉を使用したレシピが数多く紹介されています。きめ細かく軽やかで独特の食感を作り出すパン粉は、たちまち主婦を中心に大ヒットしました。いままではアジアンマーケットでしか購入できなかったパン粉ですが、いまでは普通のスーパーの店頭にも並ぶようになるほどの人気ぶりなんです。

3 .Bento(弁当)

こんなものまで!そのまま世界共通語になった日本語10選
「お弁当」を「ランチボックス」に変換されてもおかしくないところですが、ここは”Bento”のまま浸透し共通語として使われています。空前の日本ブームが起こったフランスではもれなくお弁当も流行することになり、日本に観光へやってきたフランス人はお弁当箱をまとめ買いするなんてことも多々あったようです。色とりどりで美しい上に栄養までをも考えた日本のお弁当は、海外の人からすると絶賛すべきポイントのひとつだそう。なんだか嬉しいですね。

■あわせて読みたい
日本人が「NO」と言わないのは、日本語の文化に関係がある?
http://tabizine.jp/2015/09/25/46910/

目黒沙弥

,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!