> > > 【どこまでも続く草原の国】モンゴルってどんなとこ?

,,,,,,,,,, | アジア,モンゴル,観光

【どこまでも続く草原の国】モンゴルってどんなとこ?

Sep 17th, 2016

モンゴルと言われたら何を思い浮かべますか? 草原や遊牧民、横綱の朝青龍や白鵬、13世紀にモンゴル帝国を作ったチンギス・ハンなど、さまざまかと思いますが、いずれにせよ知識が偏っていて、日本とも関係が深いアジアの隣国なのに意外に詳しく知りませんよね。

【国土の8割が草原の国】モンゴルってどんなところ?

そこで今回は外務省や農林水産省などの情報を参考に、モンゴルとはどういった国なのか大まかにまとめたいと思います。

今も遊牧民が30万人近く暮らしている

【国土の8割が草原の国】モンゴルってどんなところ?

モンゴルはこのところ、近代化が首都のウランバートルを中心に、町もどんどん大きくなっているんだとか。その分だけ急激な一極集中化でさまざまな問題が起きていると言いますが、一方で遊牧民は健在。

少し古い資料ですが、Mongolia Statistical Yearbook 2009を基に作成された日本の農林水産省の資料によると、2009年の段階で遊牧民は35万人ほど居ると分かります。

周期的に訪れるゾドと呼ばれる冷害(雪害)の影響や、都市部への一極集中化(定住化)の流れによって遊牧民の数は年々減っているそう。それでも30万人近くが今でも生計を立てているとすれば、モンゴル全体の人口が306万人(2015年)ほどと考えると、国民の10人に1人くらいは遊牧民として暮らしている計算になります。

モンゴルの遊牧民は伝統的な移動式住居のゲルで暮らし、国土の80%を占めると言われる草原地帯(ステップ)で牛やヤギ、馬、ヒツジ、ラクダの飼育を行っています。ロシアとの国境近くではツァータンと呼ばれる、トナカイを飼育する遊牧民も居るそうですよ。

家畜が200頭以上居ると安定した遊牧民としての生活を送れると言いますが、遊牧民全体のうち、2009年の段階で32%が200頭以上の家畜を飼う世帯だとされています。

ただ、2009/2010年に未曽有の冷害(雪害)で大量の家畜が死に、その後V字回復を見せるものの、再び2015/2016年にゾドの被害を受け、遊牧民は厳しい暮らしを強いられているそう。自然と共生する生き方ですから、まともに気候変動の影響を受けてしまうのですね。

ちなみに遊牧民が暮らしている主なエリアは、首都のウランバートルから見て西にあるハンガイ山脈の周辺や、さらに西のアルタイ山脈の周辺だと言います。そのあたりは草原だけでなく森も多いのだとか。一方で人口306万人のうち134万人が集まる首都ウランバートルの周辺には、定住して牧畜業を営む人も増えているそうですよ。

坂本正敬

,,,,,,,,,, | アジア,モンゴル,観光


気になる国の記事を検索!