> > > ありえない!日本人が中国で驚いたこと3選〜救急車は呼んだ人がお金を払う!?〜

,, | アジア,中国,豆知識

ありえない!日本人が中国で驚いたこと3選〜救急車は呼んだ人がお金を払う!?〜

Sep 20th, 2016

ありえない!日本人が中国で驚いたこと3選〜救急車は呼んだ人がお金を払う!?〜
TABIZINEでは、日本に来た外国人の視点から、日本のびっくりするところを幾つかの記事で紹介してきました。では逆に海外に住む日本人が、現地で感じる母国との違いにはどのような点があるのでしょうか?




ありえない!日本人が中国で驚いたこと3選〜救急車は呼んだ人がお金を払う!?〜
そこで今回は過去10年にわたって出張や出向で中国と日本の両国を行き来しながら、長く現地で過ごしてきた日本人ビジネスマンに、中国で驚いた母国との違いを教えてもらいました。

1:自動車のナンバープレートが車の本体価格以上の値段で売られている

ありえない!日本人が中国で驚いたこと3選〜救急車は呼んだ人がお金を払う!?〜
最初は自動車のナンバープレートについて。上述の取材協力者は北京、天津、上海などの大都市で長く過ごした経験を持つそうですが、それらの大都市の問題は交通渋滞と大気汚染。

そのため中国の大都市ではナンバープレートの発給数を制限して、マイカーを持てる人を抑え込もうとしているのだとか。

もしも新たにナンバープレートを持ちたければ、自治体が主催するオークションに参加しなければいけません。

例えば上海市のケースで言えば、2015年のある月に、8,700枚ほどのナンバープレートがオークションに出品されました。16万人近くの応募者が殺到した結果、1枚あたりの値段が150万円程度になってしまったとか。

この金額は、車種によっては本体価格よりも高いと言います。
ちょっと信じがたい話ですよね・・・。

坂本正敬

,, | アジア,中国,豆知識


気になる国の記事を検索!