> > > 世界一周航空券でこんな旅【4】世界の注目の建築を巡る旅

,,,,,,,,, | アジア,アフリカ,アメリカ,エジプト,ギリシャ,スペイン,フランス,ブラジル,ヨーロッパ,中南米・カリブ,中国,北アメリカ,絶景

世界一周航空券でこんな旅【4】世界の注目の建築を巡る旅

Oct 3rd, 2016

TABIZINEライターの坂本正敬です。世界一周航空券をご存じですか? 過去記事「33万5000円で世界を周遊!?「世界一周航空券」の基本をおさらい」でも触れた通り、世界規模でパートナーシップを結ぶ航空会社のネットワークを駆使して、世界一周の旅を可能にしてくれるチケット。この連載では、世界一周航空券を提供するスターアライアンスが提案する世界一周旅行のルートを追ってみたいと思います。

■あわせて読みたい
世界一周航空券でこんな旅【1】一生に一度はこの目で見たい世界遺産を巡る旅
世界一周航空券でこんな旅【2】世界中にある感動の大自然を巡る旅
世界一周航空券でこんな旅【3】世界中にある美しい水辺を巡る旅


第4回は世界の注目の建築を巡る旅。

世界一周航空券を使った今回のツアーは、最初にアメリカのフロリダ州にあるマイアミへ向かいましょう。

世界一周航空券でこんな旅【4】世界の注目の建築を巡る旅
日本から見て東に向かって地球をぐるりと周る旅の始まりです。

1:日本→アメリカ/マイアミとシカゴのアール・デコ建築

世界一周航空券でこんな旅【4】世界の注目の建築を巡る旅
最初はアメリカ東海岸の南端、メキシコ湾に伸びたフロリダ半島の先っぽ近くにあるマイアミの建築から。

マイアミにはアール・デコ地区と呼ばれる保存地区があり、そのビーチ沿いのエリアに、フランスで1920~30年代に流行したデザインを大胆に取り入れる建築物が並んでいます。「そもそもアール・デコって?」と思うかもしれませんが、植物のつるような曲線の重なりを多用するアール・ヌーボーに対するデザインの考え方。機械文明や機能美を重視し、左右対称の三角形や長方形、円形、ひし形など、パターン化された図形と線を好むスタイルになります。

ビーチ沿いに並ぶ建築を歩いて回るツアーも用意されていますので、のんびりと散歩を楽しみたいですね。また、シカゴにもアール・デコ建築で有名な建物があります。シカゴ商品取引所の入る超高層ビルです。『バットマン・ビギンズ』など映画のロケ地にもなる、シカゴのランドマーク。米国の国定歴史建造物などに登録されています。

2:米国→ブラジル/ブラジリア

世界一周航空券でこんな旅【4】世界の注目の建築を巡る旅
次は米国からブラジルの首都ブラジリアへ。ブラジル高原に広がっていた何もない荒野に、上空から見ると飛行機のような形をした″理想の町”を、芸術家たちが一からデザインして作り上げました。

あの偉大な芸術家ル・コルビジェの都市に対する理想像が完全な形で採用されている点も注目です。その都市計画の珍しさが評価され、世界遺産にも登録されています。

坂本正敬

,,,,,,,,, | アジア,アフリカ,アメリカ,エジプト,ギリシャ,スペイン,フランス,ブラジル,ヨーロッパ,中南米・カリブ,中国,北アメリカ,絶景


気になる国の記事を検索!