> > > これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!

,,, | アジア,タイ,現地レポート,観光

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!

Oct 7th, 2016

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

東南アジアに位置するタイ王国(通称タイ)。微笑みの国としても知られるタイ人の約95%は敬虔な仏教徒と言われるほど、宗教との関わりの深い国でもあります。

そんなタイのお寺の中でも一際異彩を放つ、「地獄寺」をご存知でしょうか。

バンコクから日帰りで行ける、身近な地獄があった!

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!
今回は首都バンコクから気軽に行ける地獄、ワッパーラックローイをご紹介します。まずバンコクの北バスターミナルから約3時間バスに揺られて向かうはナーコンラチャシーマという街。ナーコンラチャシーマに着いたらバスを降りて、ラックローイ行きのバスに乗り換えます。バスターミナルの係の方はほとんど英語を話さないので、根気よく「ワッパーラックローイ!」と伝えましょう。

何もない田んぼ道を歩いた先に待つ地獄の入り口

ラックローイ方面のバスに乗れたら、あらかじめ運転手かガイドさんにワッパーラックローイで降りたいと伝えましょう。バス停も何もない道の真ん中がラックローイ入り口です。

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

バス停付近には看板も何も出ていないので少々不安になりますが、10分ほどまっすぐ歩くと見えてくる目印の黄色の看板。地獄の入り口までもう少しです。

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

この世の地獄へようこそ

目印の看板が見えてからさらに少し歩くと、ようやく見えてくるお寺の入り口。ここからすでに異様な雰囲気が伝わってきます。

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

一歩中に入るとそこには色鮮やかな、とてもグロテスクな人形が所狭しと並べられています。

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

置かれている人形の数々は、地獄の光景を表しているそう。もちろんここはれっきとしたお寺なので、僧侶もいます。

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

お金を入れると動き出す人形もあって、お寺というよりもテーマパークのような印象も受けます。

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ! (C) Yoko Nixon

360度どこを見渡しても目に飛び込んでくるのはおぞましく、痛々しくもどこか滑稽な人形の数々。

Yoko Nixon

,,, | アジア,タイ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!