> > > ありえない!日本人がオマーンで驚いたこと16選〜卵の賞味期限が3か月!?〜

,,,,, | 中東,中東その他,海外移住,現地レポート,豆知識

ありえない!日本人がオマーンで驚いたこと16選〜卵の賞味期限が3か月!?〜

Oct 13th, 2016

以前オマーンの首都マスカットに住んでいました。

日本の中東報道はテロに関するニュースが多いせいか、誰かに中東に住んでいたと言うと「危険でしたか?」とよく質問されますが、身の危険を感じたことは一度もありませんでした。
今回は、オマーンに住んでみて驚いたこと、ありえなかったことをレポートしたいと思います。

1.とにかく暑い! 真夏は連日40℃越え。

日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選 オマーンはとにかく暑い国。1年のうち3か月くらいは春のような気候ですがそれ以外は全て夏。特に5〜8月は酷暑で連日40℃越え。時には45℃近くになることも! 一方でレストランや商店では冷房が強烈に効いているので、体調管理が大変でした。

2.毎日快晴。雨はほとんど降らない。

日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選 ほとんど毎日快晴のオマーン。雨は年間を通して3日あるかないか。一見よさそうですが、毎日晴れなので時には嫌気がさすこともありました。朝起きてから「今日の天気はなんだろう?」という心理は、人間にとって大切なのではないかと思ったほど。

3.治安が極めて良い

日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選 日本の中東報道はテロに関するニュースが多いせいか「中東=危険」というイメージを持たれがちですが、産油国であるオマーンは経済も潤い貧富の差も少なく、さらに厳格なイスラム教の戒律のおかげで治安は極めてよかったです。普段の生活の中で、スリや盗難などへの危機感は全くありませんでした。トイレでは、個室に入る前に洗面台にバッグや貴重品を置いて中に入るという人も多く見かけたほど。

4.道路がキレイ

日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選 石油や天然ガスで国家が潤うオマーンはインフラが整っており、道路がキレイ。お洒落な街灯、街路樹や芝生が美しく配されています。一方で、同じ中東でも資源に乏しいシリアやレバノンの道路はガタガタで雑然としていたので、オマーンの豊かさを実感しました。

5.ガソリンが安い

日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選 産油国であるオマーンは、ガソリンが格安。筆者が住んでいた頃は、1ℓ当たりなんと約25円でした!


Nao

,,,,, | 中東,中東その他,海外移住,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!