> > > 【簡単レシピ】お鍋ひとつで完成! フランスの家庭料理「レンズ豆とソーセージの煮物」

| グルメ,フランス,ヨーロッパ

【簡単レシピ】お鍋ひとつで完成! フランスの家庭料理「レンズ豆とソーセージの煮物」

Oct 16th, 2016

さっと煮るだけで、すぐに食べられるレンズ豆。欧米では日本の大豆のような感覚で使われており、フランスの家庭料理でもお馴染みの食材のひとつです。多忙な平日の夜でもパパッと作れる、フレンチスタイルの「レンズ豆とソーセージの煮物」の作り方をご紹介します。お鍋ひとつでできるので、洗い物も少なくて済みますよ。

お鍋ひとつで完成! フランスの簡単家庭料理「レンズ豆とソーセージの煮物」

レンズ豆の種類と扱い方

食物繊維や葉酸、鉄分や亜鉛などの栄養素が豊富なレンズ豆。タンパク質が豊富で脂質が少ないため、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。レンズ豆は、鮮やかなオレンジ色、緑色、黒っぽい色、茶色など色も大きさもさまざまです。種類ごとに茹で時間が若干異なるのですが、目安は20〜25分程度、柔らかくなればOKです。茹でる時に重曹をふたつまみほど入れるとふっくら仕上がります。

お鍋ひとつで完成! フランスの簡単家庭料理「レンズ豆とソーセージの煮物」
フランスではオーヴェルニュ地方のオート・ロワール県で栽培されており、「AOP」という原産地呼称を取得しているル・ピュイ産の緑色のレンズ豆「Lentille Verte du Puy」が有名です。煮物にサラダにパスタの具にと、使い勝手のよいレンズ豆です。



TABIZINEのTOPページから最新記事をCHECK!

sweetsholic

| グルメ,フランス,ヨーロッパ


気になる国の記事を検索!