> > > 【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

,,,,,,, | 世界遺産,中東,中東その他

【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

Oct 31st, 2016

いまもっとも渡航が危険な国になっていると言っても過言ではないシリア。外務省の海外安全ホームページのシリアは予想通り真っ赤。2016年現在は退避勧告が出ているレベル4になっています。

しかし、かつては穏やかな人々が暮らす豊かな国でした。古代遺跡も数多く残っていて、独特な街並みが美しく、一度旅したらきっと忘れない国になると思います。そんなシリアに平和が戻ったなら、ぜひ訪れたい観光地をご紹介します。

シリアってどんな国?

【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

シリアはトルコ、ヨルダン、イラク、レバノンなどと隣接している国。西部の地中海沿岸は平野が広がっていて、南部は肥沃な大地が続いているため、国内農業のほとんどを負担しています。また中部はアンチレバノン山脈が連なる山岳地帯で、乾燥地帯にはシリア砂漠があります。公用語は現代標準のアラビア語。国民の70パーセントがイスラム教スンナ派です。

中東最古の都市、シリアの首都「ダマスカス」

【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

1979年に世界遺産に登録されたシリアの首都「ダマスカス」はエキゾチックな雰囲気が漂う中東最古の都市です。この都市は太古の昔からエジプトとメソポタミア、地中海地域を結ぶ交通・交易の要衝でした。なんと紀元前3000年頃からできはじめた都市なのだとか。

【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

このような路地裏にさえ、中東最古の都市の重みを感じますよね。この道を歩いたらどんな気持ちになるのだろうか・・・。遥か昔のこの地に思いを馳せて歩きたいですね。

古代ローマ時代に建てられた2つの神殿も!ISの攻撃を受けた「パルミラ遺跡」

【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

廃墟になっても美しいこの遺跡のことをかつての人々は「緑の都」(ナツメヤシの都)と呼んでいました。この場所はシリア砂漠を往復するキャラバンにとって重要な中継点だったのです。

この遺跡は1980年には世界遺産に登録され、ローマ式の円形劇場や浴場、四面門などが残っています。ここで古代の人たちが行き交い、さまざまな情報を交換していたのかと思うと、胸が熱くなってきますね。

【行ってはいけない国】古代の遺跡が数多く残る「シリア」の魅力

本当に美しい場所です。青い空と遺跡が見事に調和していて、この景色をぜひ死ぬまでに一度は目にしたいという衝動にかられます。ISの攻撃を受けたベル神殿とバール・シャミン神殿を修復して、この遺跡をなんとか後世に残していきたいものです。


[パルミラ遺跡]



あやみ

,,,,,,, | 世界遺産,中東,中東その他


気になる国の記事を検索!