> > 外国人もびっくり!ここがすごいよ日本人 江戸時代編~世界トップレベルの識字率!~

,,,,, | 豆知識

外国人もびっくり!ここがすごいよ日本人 江戸時代編~世界トップレベルの識字率!~

Nov 2nd, 2016

江戸時代の日本人がどれだけすごい体力と能力を持っていたかご存知でしょうか? 調べていくうちに、江戸時代の日本人のすごさに驚かされました。さて、どれだけ体力があり、世界も驚くような能力を持っていたのかさっそく見ていきましょう。

江戸から京都を3〜4日で走っていた驚異の体力の持ち主「飛脚」

外国人もびっくり!ここがすごいよ日本人~江戸時代編~

江戸時代の郵便局員とも言える飛脚は驚異の体力の持ち主でした。なんと江戸から京都までの約492キロを3〜4日で走り、手紙を届けていたのです! すごいですよね。ちなみに徒歩だと約2週間もかかる距離です。

外国人もびっくり!ここがすごいよ日本人~江戸時代編~

もちろんこの距離を一人で走り抜いていたわけではありません。数人でリレー形式で走っていました。中には通飛脚と呼ばれる一人で出発地から目的地まで走る飛脚もいたそうですが・・・いずれにしても現代のように舗装された道もなく、ランニングシューズもない状態で東海道を走り抜いていた事実がすごいですよね。しかも粗食だったとか・・・。西洋人が飛脚に肉を食べさせたところ、普段よりも早くバテてしまったという話もあります。

高い識字率!江戸時代の日本人は世界でトップレベル

外国人もびっくり!ここがすごいよ日本人~江戸時代編~

なんと江戸時代の日本人の識字率は70〜80パーセントだったと言われています。これは世界でもトップレベルの識字率。江戸時代はご存知の通り、鎖国でしたが、勤勉な日本人は「読み書きそろばん」をしっかり学習していました。特に都市部では武士から貧しい町家の子どもまで、身分に関係なく字を読むことができたそうです。

当時のイギリスやロシアを大きくうわまわる識字率には驚愕ですね。また、幕末の頃になると、識字率はさらに高まっていたとのこと。日本に訪れた外国人も日本人の識字率の高さにビックリしたそうですよ。


あやみ

,,,,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!