> > > 世界が注目するアメリカ大統領選!命運は「ある人」の手によって委ねられていた!?

,,, | アメリカ,トレンド,北アメリカ

世界が注目するアメリカ大統領選!命運は「ある人」の手によって委ねられていた!?

Nov 7th, 2016

いま一番のアメリカ人の関心の的であるアメリカ大統領選。これまで「ヒラリーかトランプか」と論争が繰り広げられていたものの、いよいよ明日11月8日にようやく終止符が打たれます。演説のたびにその内容で話題になる大統領候補たちですが、実はそのスピーチは「スピーチライター」といわれる人による緻密な計算と経験によって作られたもの。選挙の命運を握るとも言われている彼らの謎に迫ってみたいと思います。

スピーチライターって?

世界が注目するアメリカ大統領選!命運は「ある人」の手によって委ねられていた!?
言葉ひとつで国民を動かしてしまうためとっても大事なポジション担う人たち、それが「スピーチライター」です。オバマ大統領のスピーチで注目された”I”ではなく”We”をつかうといったことも、実はすべて影のサポーターであるスピーチライターがオバマ氏に提案され実際に使われた表現のひとつ。ほかにもケネディ大統領の有名な言葉の数々もスピーチライターが書いたものだったりと、実は裏のリーダーだとも言える彼らの活動は大統領選にはなくてはならない存在なんです。

ヒーローを支えた「分身」の存在

世界が注目するアメリカ大統領選!命運は「ある人」の手によって委ねられていた!?
「国家があなたのために何をするかではなく、あなたが国家のために何ができるかを問いたまえ(Ask not what your country can do for you, Ask what you can do for your country)」という有名な一節。これは当時のケネディ大統領が残したインパクトの強い言葉ですが、同時にケネディ政権を色濃く象徴するフレーズでもあります。でもこれが彼本人ではなく、スピーチライターが書いたものだと知っている人はどれほどいるでしょう。そう、実はこのフレーズは「ケネディの分身」だと言われたアメリカの弁護士、作家でありジョン・F・ケネディ大統領のスピーチライターであったセオドア・C・ソレンセンが書いたものだったのです。

目黒沙弥

,,, | アメリカ,トレンド,北アメリカ


気になる国の記事を検索!