> > > アメリカ人はなぜそこまで歯の美しさにこだわるのか?〜親知らずは4本まとめて抜く!?〜

,,,,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識

アメリカ人はなぜそこまで歯の美しさにこだわるのか?〜親知らずは4本まとめて抜く!?〜

Nov 9th, 2016

「芸能人は歯が命」という懐かしいフレーズがテレビで流れていたのはいつの時代のことやら。今や日本でも一般的に歯のホワイトニングや美容歯科といった言葉を耳にするようになりました。しかしアメリカでは昔から「キレイな歯はその人の印象を大きく左右する」という考えのもと、日本よりも遥かにキレイな歯を持つことへの意識が高いのです。歯の美しさにそこまでこだわる理由とは、一体何なのでしょうか?

そこまでする!?アメリカ人の歯の美しさへのこだわりが半端ない

白くて綺麗な歯は自信をもたせてくれる

初対面の人と話をするとき、あるいは仕事の面接の際に、笑顔で接することが大切と云う考え方は日本と共通です。しかしアメリカでは、その笑顔が白くて綺麗な歯並びの笑顔であればなおさら印象が良いと考える人が多いのです。無論歯並びだけでその人の人となりを見極めることはできませんが、印象作りに綺麗な歯が貢献するところが非常に大きいと考えるのがアメリカ流のようです。

そこまでする!?アメリカ人の歯の美しさへのこだわりが半端ない

白くて綺麗な歯を持つことはステータスの象徴

歯並びがその人の印象に影響するという考えのもと、アメリカでは多くの人が若い時から矯正をし、綺麗な歯並びを手に入れています。しかし綺麗な歯は1日にしてならず、また治療費も決して安くはありません。それでも多くの人が歯並びを整えるのには理由があります。それはアメリカ人同士の暗黙の了解として、「歯並びが悪い=歯を矯正するお金がないほど貧乏な環境で育った(あるいは今もその環境にいる)」と捉えられるからです。大人になってから見ず知らずの人に無意識のうちに育った環境のイメージを与えないためにも、小さい時から歯を綺麗に整えておこうとする親が多いのです。

そこまでする!?アメリカ人の歯の美しさへのこだわりが半端ない


Yoko Nixon

,,,,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識


気になる国の記事を検索!