> > > 母国と違う!タイ人が日本で驚いたこと5選〜日本人は本当に仏教徒なの?〜

,, | アジア,タイ,豆知識

母国と違う!タイ人が日本で驚いたこと5選〜日本人は本当に仏教徒なの?〜

Nov 21st, 2016

東南アジアでも目覚しい発展を遂げ毎年たくさんの観光客が訪れる微笑みの国、タイ。一年を通して比較的暖かい場所に暮らす彼らからすると、日本の四季でさえ珍しく感じるそうですがそれ以外にも驚くことはたくさんあるそうです。今回はタイから初めて訪日した観光客が話してくれた、5つのことをご紹介します。

1.生モノが多い!

母国と違う!タイ人が日本に来て驚いたこと5選〜生モノのオンパレード!?〜
日本にいるとあまり気付くことはありませんが、日本食は生モノ料理のオンパレード! それはお寿司や刺身などの代表的なものから、馬肉や牡蠣、卵かけ御飯や苦手な外国人が多い納豆までバリエーションは多岐に渡ります。日本と比べるとタイでは生モノを食べる習慣はあまり定着しておらず、日本に来た時はひとつひとつの食材の鮮度の良さや食中毒が起こらない徹底した品質管理に驚いたのだとか。

2.宗教に対しての意識の違い

母国と違う!タイ人が日本に来て驚いたこと5選〜生モノのオンパレード!?〜
言わずと知れた、多くの仏教徒が住んでいる国タイ。僧侶になるためには仏教の精神を身につけるため小さい頃から仏教についてかなりの量を勉強が必要で、娯楽や嗜好品などの一切を禁止されています。タイの仏教徒にとっては僧侶は崇拝の対象で、毎日お祈りだって欠かしません。そのため国家元首であり「タイ仏教の頂点」という地位にいた国王の崩御は、一か月経ったいまでも国民の心に影を落とし続けています。そんな仏教徒のタイ人がまず日本に来て思うことは「日本人は本当に仏教徒なの?」ということ。お祈りをすることもそこまで習慣化されているわけでもない日本の宗教感に、驚くタイ人が多発している模様です。

目黒沙弥

,, | アジア,タイ,豆知識


気になる国の記事を検索!