> > > ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜

,,,,, | ハワイ,北アメリカ,旅のハウツー,現地レポート

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜

Dec 9th, 2016

ココロとカラダをゆるめる旅へ - 自分らしい人生を歩こう –

今の生活からもう逃げたい。海外にいけばきっと楽しいことが待っている!! そんな思いで理想を追いかけて海外に行っても、きっとそこでも「現実」が待っているはず。どこにいても、何をしてても、自分と向き合うことからは逃げられない。ヨガインストラクターでライターのmahokoさん連載コラムvol.3 -TABIZINE編集部-

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.1】 スーツケースひとつでどこまでも
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.2】 ハワイで出会ったオレンジジュース

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜
さあ旅に出た!
よーし、じゃあ旅や海外生活では楽しいことばかりで、最高な毎日ばかりなんだね!

という声が聞こえてきそう。
でも、そうとも言い切れないところが、またおもしろい。

もちろん、だいたい旅は非日常な日々だし、刺激的で楽しくて、スリルもあって、
人々のあたたかさに触れて感動し、自然に癒され心身ともに解放され、
最高な毎日になる。

でも旅をしているのは自分自身。毎日を生きているのは自分自身。
旅に出たからといって、まったくの別人にはいきなりなれず、
悩みや心配事がゼロに消えるわけでもなく、
むしろ色濃く目の前に現れて、それに向き合わなければ前に進めないような状況になることも。

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜 (C)Magic Yoga Studio
Waimea Canyon State Park, Kauai Island (Hawaii)

断崖絶壁のように思える出来事に真剣に取り組み、疲れ果て、
時には、「こんなことをするために、ここにいるのか?」
なんて、どん底な気分になっても、その旅を選んだのは自分自身。

すべては起こるべくタイミングで起こり、逃げずに向き合うことで成長できる。
素晴らしい風景や奇跡のような出会いと同時に、厳しい経験ですら
体験している自分にとって大切なプロセス。

自分自身の変化を体感すること。
旅とは実は、そういうものなのではないかと感じています。

語学学校&寮生活の現実

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜 (C)Magic Yoga Studio

わたしの初めての長期海外生活は、ハワイで過ごした約半年間。
語学学校に通っていました。

クラス中は当然ながらすべて英語。
英語で英語の文法を習うって、覚悟はしていたけれど、
先生の言うことについていくのに精一杯!

会話のクラスも自分の意見がないと話が続かない。
自分の意見を頭の中で日本語で並べてから英語に直してたら会話がはずまない!

自分の意見て!? わたしは物事に対してどう考えてるの!? 日本てどんな国!?
無知さに愕然とし、話せなさに呆然とする毎日。

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜 (C)Magic Yoga Studio

語学留学の最初の3か月間は、語学学校の寮に滞在することがすでに決まっていました。
ホームステイやコンドミニアムに宿泊するオプションもある中で、
寮生活をしながら、次に住む部屋を探そうと予定していたからです。

寮には、他の国からやって来ている留学生たちも住んでいることは知っていましたが、
まさか寮の中庭で毎晩繰り広げられる賑やかなパーティの音楽や話し声が朝まで聞こえて
まったく眠れない環境だなんて知らずに・・・


理想と現実のギャップ。眠れない夜をmahokoさんはどのように乗り越えたのでしょうか・・・???

Mahoko Hart

,,,,, | ハワイ,北アメリカ,旅のハウツー,現地レポート


気になる国の記事を検索!