> > > フランスでそのまま通じる、ちょっぴり意外な日本語とは?

,,,,,, | フランス,ヨーロッパ,現地レポート,豆知識

フランスでそのまま通じる、ちょっぴり意外な日本語とは?

Dec 17th, 2016

毎日の生活に浸透している「ペン」や「シャンプー」などの外来語。日常的に使っているために、元々はどこの国の言葉なのか、意識することは少ないですよね。逆に「Wagyu」や「寿司に次ぐ世界で大人気の日本食は「EDAMAME(枝豆)」だった!」で紹介した「Edamame」など、和名が海外で浸透しているケースもあります。

日本人ならきっと誰もが知っているのに、おそらく意識せずに使っている「身近なフランス語 /フランスで浸透している日本語」をご紹介しましょう! 
まずは身近なフランス語から。

マヨネーズ/Mayonnaise

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
デミグラスソースにタルタルソースなど、ソースの種類がとても豊富なフランス料理。フランスの食卓でも、日本のご家庭でも常備しているソースといえば? ウスターソースと答えたくなりそうですが、ウスターソースはイギリス生まれ。ということで、答えはマヨネーズ! フランスのマヨネーズは、日本のものよりも濃厚な味です。機会があればぜひ、食べ比べてみてください。

パン/Pain

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
戦国時代に、ポルトガルから鉄砲とともに伝わったとされる「パン」。このような背景もあるためか、英語の「ブレッド」ではなく、ポルトガル語の「パン」という呼び方が浸透しています。フランス語でも食パンやバゲットなどを総称する呼び名は「パン」です。

続いて、フランスで浸透しているちょっぴり意外な日本語です。

(次のページに続く)



sweetsholic

,,,,,, | フランス,ヨーロッパ,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!