> > > 世界のクリスマス事情5選〜トナカイの代わりに白いカンガルー!?〜

,,,,,,,,, | アイスランド,アメリカ,イギリス,イスラエル,オセアニア・南太平洋,オーストラリア,ドイツ,ヨーロッパ,中東,中東その他,北アメリカ,豆知識

世界のクリスマス事情5選〜トナカイの代わりに白いカンガルー!?〜

Dec 24th, 2016

ハロウィンが終わると街の雰囲気はもうすっかりクリスマスモード。クリスマスといえば「恋人」「リア充」という言葉がつきまとうロマンティックなものですが、皆さんご存知の通り海外では聖なるイベントの一つでお祝いの仕方も国レベルで変わってきます。所変われば様式も異なる、そんな海外でのクリスマスの過ごし方を5つご紹介したいと思います。

プレゼントは二つ以上!(アメリカ)

世界のクリスマス事情5選〜国によって祝い方が違う!?〜
日本との対照的なクリスマスの対比としてよく例としてあげられるのはアメリカ。「家族と過ごす」という以外には、クリスマスツリーは本物のモミの木を使うといったことやプレゼントは複数用意すること、日本の年賀状を送る感覚と同じようにお世話になっている人へクリスマスカードを送ることなどが挙げられます。そしてクリスマスのデコレーションは25日を過ぎても片付けることはなく、12月いっぱいはクリスマスの余韻を楽しむのがマストだそう。

サンタが二人!?(ドイツ)

世界のクリスマス事情5選〜国によって祝い方が違う!?〜
ドイツには「アドヴェント」という12月1日から24日までのイエスキリストの降誕を待つ準備期間が存在し、基本的にはその間じゅうはずっとお祭り状態です。アドヴェンドはクリスマス当日まで4週間ありますが、週ごとに事前に用意した4本のキャンドルに火を灯していくという習慣がいまなお根強く残っています。一本一本灯していくことで、「クリスマスが迫っている!」という気持ちが高揚してくるんだとか。そしてなんと聖ニコラスとクネヒトループレヒトという良サンタと悪サンタが存在するというストーリー付きなんです。「良い子にしていないと悪いサンタがやってくるよ!」と躾をするあたり、日本の「なまはげ」を連想させます。

ビーチでパーティー!(オーストラリア)

世界のクリスマス事情5選〜国によって祝い方が違う!?〜
南半球でクリスマスを迎えるオーストラリアではビーチでワイワイ、ランチはBBQを盛大にするのがいま若者に人気の過ごし方。夏らしさを感じるのはこれだけではなく、クリスマスソングもしかり。なんとオーストラリアではジングルベルの歌の歌詞に「夏」というワードが入っているというびっくり仰天のまさに夏仕様のクリスマスソングなんです。しかもプレゼントを運んでくれるのはトナカイではなく白いカンガルーで、オーストラリアでの定番のサンタは「半袖半ズボンのサンタ」なんだとか。たしかに合理的ではあるけれど、所変わればこんなに様式が変わってくるとは驚きです。

(次のページに続く)

目黒沙弥

,,,,,,,,, | アイスランド,アメリカ,イギリス,イスラエル,オセアニア・南太平洋,オーストラリア,ドイツ,ヨーロッパ,中東,中東その他,北アメリカ,豆知識


気になる国の記事を検索!