> > > 【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第14回コロンビア編」

,, | グルメ,コロンビア,中南米・カリブ,現地レポート

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第14回コロンビア編」

Jan 10th, 2017


クリスマスシーズンは盛大に


【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
キリスト教徒の多いここコロンビアでは、クリスマスは年間で一番大切な行事のひとつです。そのためハロウィンが終わればもう、クリスマスモード突入! 店内には七面鳥が丸ごと冷凍保存されたものや、オードブル、シャンパンなどのクリスマスにまつわる食品がたくさん並びます。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
スーパーにとっても大切な時期となるため、ハム一つとっても売り出したい商品には余念を欠かさず、ディズプレイにもかなりのこだわりを見せています。

ミルク好きなコロンビア人


【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
通路方一面にずらっと並ぶ「ミルク関係」の商品。これは「Carulla」だけでなく「exito」にも共通することですが、豆乳などの大豆製品飲料とともに、乳製品がかなりのスペースを占拠しています。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
日本でもここ数年で牛乳や豆乳などの味の種類は豊富になってきましたが、コロンビアのバラエティの豊富さにはただただ驚くばかり。シナモン味やマンゴー味などの一般的なものから、アロエ味やとうもろこし味、そしてコロンビア産特有のフルーツ味などが揃い、その種類は最低でも20種類以上。パッキングも少し変わっていて、牛乳に関しては少しずつ飲めるように袋に小分けにされ売られているものが多いです。

日本の文化がちらり


【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
数は少なく値段は少々張りますが、地球の裏側であるここコロンビアにも天下の「キッコーマン醤油」や海苔、巻き寿司キットなどが置いています。肝心のお米については、アメリカなどでよく売られている「NISHIKI(錦)」という無洗米が一種類だけ常備されているよう。筆者も早速購入して食べてみましたが、純粋な日本米に比べると少しパサついてはいたものの、海外では十分なクオリティ。コロンビアにいながらにして、「日本の味」が再現できるのは嬉しいですね。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
そしてなんとここコロンビアでも、巻き寿司が500〜1000円ほどと比較的手軽な価格で販売されています。ネタとなっているのはアボカドやチーズ、かにかまやサーモンといったラインナップなので寿司らしさはあまり期待できませんが、毎日夕暮れには売り切れている人気商品です。

■あわせて読みたい
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅
第5回クロアチア編
第6回アメリカ編
第7回マレーシア編
第8回ケニア・ナイロビ編
第9回ウォールマート編

目黒沙弥

TABIZINEをフォロー

2017年4月1日よりTABIZINEのSNSアカウントが新しくなりました。 読んだら旅に行きたくなる、そんなTABIZINEの記事をSNSでも配信してまいります。 ぜひご登録をお願いいたします。

,, | グルメ,コロンビア,中南米・カリブ,現地レポート


気になる国の記事を検索!