> > > 【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第14回コロンビア編」

,, | グルメ,コロンビア,中南米・カリブ,現地レポート

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第14回コロンビア編」

Jan 10th, 2017


イートインスペースは「憩いの場」


【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
肉や魚、チーズなどのデリカッセンコーナーに併設されているのは、イートインスペース。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
このイートインスペースは、フルーツや野菜などは500gで約300円のセルフサービス、そしてサンドウィッチなどやチキンなどはデリの会計場所で頼みその場で調理してくれるシステムとなっています。持ち帰りも可能ですが、この場所は地域の住民たちのちょっとした憩いの場にもなっているようで、どの時間帯に訪れてもたくさんの人で埋め尽くされています。

気になるコロンビア限定エコバッグ


【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
エコバッグはバタフライがモチーフとなった大きめのものと、冷蔵保存用の一回り小さなもの、それよりも耐久性の高いもの(青バッグ)の三種類が用意されており、値段は150円から300円ほどとお得な価格設定。この値段でコロンビア限定の可愛いデザインで実用性のあるエコバックが買えてしまうので、お土産にしても喜ばれそうです。

「お土産」といったら・・・


【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
お土産と言ったら忘れてはいけないのは「コロンビア産のコーヒー」。コーヒー好きにはたまらないコロンビア産のコーヒーですが、コロンビアに訪れたときの購入場所はスーパーマーケットを強くオススメします。空港などのお土産ショップでは倍以上もする良質なコーヒーが、ここスーパーだとパックでも安いものでは350円〜買えてしまうんです。

それ以外にもコロンビア人御用達の「コカ茶」なども12パック入りで300円〜で販売したりと、興味本位で買っても痛手にはならない良心価格となっています。旅中にしばしば悩みの種ともなるお土産ですが、お財布事情に頭を抱えずにまとめ買いが出来るのは嬉しいですね。

【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
その他にも薬局や携帯ショップ、バス・旅行会社のカウンターがあったりと、「痒いところに手が届く」コロンビアのスーパーマーケットは、日本顔負けの便利さです。そして今までは「コロンビアのクレジットカードでの決済」しか受け入れていなかった「VivaColombia」といったLCC(ローコストキャリア)の格安航空券の支払いが「Carulla」や「exito」で出来るようになったのは、旅行者にとっては大きなメリットともなりました。レジのスタッフなどは基本的にマイペースで日本のような俊敏さこそないですが、そんな様子に誰も苛立つことなく穏やかな時間が流れているコロンビアのスーパーマーケット。日本にはないものばかりでついつい長居してしまうほど魅力がたっぷりなので、コロンビアに訪れた際は要チェックです。

[All photos by Saya Meguro]

目黒沙弥

,, | グルメ,コロンビア,中南米・カリブ,現地レポート


気になる国の記事を検索!