> > > 世界のフォトジェニックスポット&グルメ【3】NYで話題の可愛い生クッキー!

,,,, | アメリカ,グルメ,北アメリカ

世界のフォトジェニックスポット&グルメ【3】NYで話題の可愛い生クッキー!

Jan 24th, 2017

アメリカ在住、TABIZINEライターのYoko Nixonです。スマホで気軽に写真を撮って、すぐさま世界に発信できる現代は、いわゆるSNS映えするフォトジェニックなスポットが人気です。そんなSNS時代の新名所とも言える世界のフォトジェニックなスポットやグルメを、リレー形式で連載していきます!


みなさんは“クッキー”といえばどんなものを想像しますか? サクッと食べれるクッキー、しっとり系のクッキーなど種類はいろいろありますが、今アメリカでは“生クッキー”と呼ぶにふさわしい、新しいジャンルが生まれているのです。

その名もCookie Dough(クッキー生地)。生地ってどういうこと? と思ったみなさん、そうなんです、生クッキーは、オーブンで焼く前のクッキー生地の状態のものを食べてしまおうという商品なのです。アメリカはニューヨークで生まれたCookie DŌでは、そのまま食べて美味しい生クッキーを発売し、今話題のスポットとなっています。

お菓子界のニュージャンル? NYで話題のそのまま食べられる生クッキー!
(c) Cookie DŌ Instagram

生クッキーって何!?

自分でクッキーを一から焼いたことのある方なら試したことがあるかもしれませんが、材料を混ぜた後、オーブンに入れる前の生地をペロッと舐めると甘くて美味しい!という体験を元に作られたのが、生クッキーの始まりです。そもそもアメリカでは、”Cookie Dough”というアイスのフレーバーもあるほど、焼く前のクッキー生地が美味しいというのは周知の事実なのです。

お菓子界のニュージャンル? NYで話題のそのまま食べられる生クッキー!
(c) Cookie DŌ Instagram

生の生地を食べて安全なの?

ボウルやヘラについた生地をちょこっと味見する程度ならともかく、クッキーの生地だけを食べてしまって大丈夫なの? と思われた方。ご安心ください。Cookie DŌで使用される小麦粉は全て加熱処理された、そのまま食べても安全な小麦粉を使っているので、食品衛生上の問題もありません。

お菓子界のニュージャンル? NYで話題のそのまま食べられる生クッキー!
(c) Cookie DŌ Instagram

(次のページに続く)

Yoko Nixon

,,,, | アメリカ,グルメ,北アメリカ


気になる国の記事を検索!