> > > 連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第1話/一人旅ってありかも?

, | アジア,台湾,観光,豆知識

連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第1話/一人旅ってありかも?

Feb 2nd, 2017

連載小説「迷える女子に、幸せ行きの切符を」第1話/一人旅ってありかも?

出発17日前。PM9:00


連載小説「迷える女子に一人旅のススメ」第1話/一人旅ってありかも?
「結婚を前提に付き合って欲しい」

フランス料理のカタカナばかりのよくわからないメニューから出て来た「エスカベーシュ」という名の小魚料理を自分のお皿に移しながら千晴はその言葉を頭の中で反芻した。

レインボーブリッジを見下ろすホテルの上層階から見る夜景。目の前には美味しいワインに手をかけた背が高くて爽やかな35歳の男性。特別かっこいいというわけではないけれど、外資系証券会社で働いている聡は、メガネをかけていて真面目そうに見える。仕事が忙しいのか少し疲れているように見えるのが気にかかる。今までに3回食事をしただけでそう多くは知らないけれど、話は面白いし優しいし、「どうしてこんなにステキな人が未だ独身なんだろうか?」と思う同時に「どうしてこのセリフを言ってくれるのが大地じゃないんだろうか?」と不思議になる。

この冬、千晴は34歳になった。「結婚したい」まさか自分がそんなことを願う日がやってくるとは思わなかった。家事は嫌いじゃないけれど仕事が好きで「主婦」というものに憧れたことはない。けれど、35歳を目前にして周りから結婚について聞かれる度に少しずつ不安の波が大きくなっていった。コンビニで立ち読みした雑誌に、産婦人科医の「子供は35歳までに1人」といったインタビューが紹介されており、その記事が千晴の焦りにとどめを刺した。

結婚したいと思う相手がいないわけではない。3年間付き合っている同じ年の大地とはケンカしながらも取り立てて問題なく今日までやってきた。何よりの問題は大地が結婚に興味がないことだ。2年前に友達と立ち上げた会社が忙しいらしくほとんど休みもとれない。

久しぶりに大地に会った日、「私も来年は35歳だし、結婚や子供を考えたい」と切り出すと「今はまだ結婚は考えられない」と先日もケンカになったばかり。大地との将来に疑問を抱いている時に、親戚から「そろそろ」と勧められて断りきれずに初めてのお見合いをしたのが聡だった。

お見合いなんだもん。そりゃ、結婚の話が出たって不思議じゃないよね、と思いながらも即答できず「少し時間をください」と告げてタクシーに乗った。

(次のページに続く)

2話以降はこちらから!

栢原 陽子

, | アジア,台湾,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!