> > > 一度訪れたら魅せられてしまう。虜になる「宮古島」への旅

,,,,,,,,,,, | 九州・沖縄,沖縄県,観光

一度訪れたら魅せられてしまう。虜になる「宮古島」への旅

Feb 17th, 2017

リピーターになる観光客が多い「宮古島」。一度この島に降り立ってしまうと、もう後戻りはできません。なぜなら宮古島の魅力の虜になってしまうから・・・。そんな美しい豊かな自然溢れる宮古島に行ったら、ぜひやりたいことを6つご紹介します。

一度訪れたら魅せられてしまう。虜になる「宮古島」への旅

美しいサトウキビ畑に迷路が!

一度訪れたら魅せられてしまう。虜になる「宮古島」への旅

沖縄離島の魅力のひとつと言えば、サトウキビ畑。どこまでも続くかのように見えるサトウキビ畑をただ眺めているだけでも、心が研ぎ澄まされていきます。宮古島の農地のうちサトウキビ畑が占める面積はなんと! 約42パーセントだそう。宮古島で暮らす人たちにとってサトウキビ畑は、なくてはならない存在なのでしょう。そんなサトウキビ畑に冬季限定で迷路が出現! この迷路は巨大でサトウキビを刈り込んだスタッフまで迷ってしまうほどだとか。

宮古島のサトウキビ畑の迷路を楽しめるなんて、想像しただけでワクワクしてきますね。この迷路は無料で10:00~17:30(最終入場17:00)まで体験できます(冬季限定)。サトウキビに囲まれ、宮古島に吹く風を頬に感じながら、迷路を楽しみたいですね。詳しくは「さとうきび畑迷路」をご覧ください。

泡盛工場見学や農業体験もできる

一度訪れたら魅せられてしまう。虜になる「宮古島」への旅
グァバ

より奥深く宮古島を体感したいのなら、島のものづくりに触れてみるといいかもしれません。観光地を巡るのも楽しいのですが、伝統的なものづくりに触れることで、宮古島のことをさらに理解でき、少し違った視点から宮古島を見ることができるでしょう。

宮古島のお隣の島「伊良部島」では沖縄のお酒「泡盛」の工場見学も行なっています。泡盛と日本酒の違いってなんだろう? などと疑問に思ったことはありませんか? そんな疑問が解ける鍵を泡盛の製造過程を見学することで発見できるかもしれませんよ。

また、宮古島の「畑・モリンガの森」で農業体験もできます。昔からある宮古島の自然、ポー、野イチゴ、ザウカニ、グァバなどを体験して、沖縄でしか作れないモリンガ茶を試飲することもできるそう。旅行の際、その地でしか体験できないことはぜひしておきたいですよね。宮古島の農業の歴史に触れるチャンスでもあります。詳しくは「島のものづくり」をご覧ください。

新鮮で美味しいがいっぱいの宮古グルメ!

一度訪れたら魅せられてしまう。虜になる「宮古島」への旅
宮古そば

旅行の際、やはり重要なポイントとなるのがご当地グルメ。旅行先で味わった食事は、いつまでも記憶に残るものです。宮古島には新鮮で美味しいご当地グルメがいっぱい。宮古島の代表的なグルメといえば、宮古そばでしょう。実はそれ以外にも、島野菜や新鮮なマグロやカツオを使用した料理などもあり、旅人の胃袋を満足させてくれるのです。宮古島でしか味わえないご当地グルメを心ゆくまで味わいたいものですね。詳しくは「“ならでは”宮古グルメ」をご覧くささい。

あやみ

,,,,,,,,,,, | 九州・沖縄,沖縄県,観光


気になる国の記事を検索!