> > > コスパ抜群!鼎泰豊だけじゃない、台北っ子に人気の肉汁たっぷり小籠包「明月湯包」

,,,, | アジア,グルメ,台湾,現地レポート

コスパ抜群!鼎泰豊だけじゃない、台北っ子に人気の肉汁たっぷり小籠包「明月湯包」

Feb 18th, 2017

台湾グルメといえば小籠包。日本でも広く知られる名店もありますが、観光客で混み合っていることも少なくありません。

「台湾にしかない、地元客中心のローカルなお店に行ってみたい!」という人におすすめなのが「明月湯包」。看板メニューのスープたっぷり小籠包は台北っ子が愛してやまない逸品です。

>>>台湾までの格安航空券、3月で一番お得な出発日は今いくら?

研究熱心なオーナーが生んだ名店「明月湯包」

コスパ抜群!台北っ子に人気のスープたっぷり小籠包「明月湯包」

MRT六張犁駅から徒歩7分のところにある明月湯包。地元・台北の人々に支持されている、小籠包を看板にしたお店です。明月湯包をオープンさせたのは、オーナーシェフの張明煌氏。

13歳で料理の世界に入った張氏は、小籠包の本場・上海の店を訪ねて味を研究。さらに有名レストランを渡り歩いて修行を重ね、ついに、台中で自身の店をもつにいたりました。ところが経営はうまくいかず・・・初心に返った張氏は、「自分の腕ひとつでお客様を満足させよう」と、2001年に明月湯包を開きました。

コスパ抜群!台北っ子に人気のスープたっぷり小籠包「明月湯包」

本店は、「町の食堂」といった趣のこぢんまりとした店舗。一人でもふらっと立ち寄れる気軽さが嬉しいですね。2008年にはすぐそばに支店がオープン。スタイリッシュなインテリアがモダンな印象の支店は、少人数から大人数までに対応しています。

スープたっぷり!ジューシー小籠包

コスパ抜群!台北っ子に人気のスープたっぷり小籠包「明月湯包」

明月湯包の看板メニューが、店名を冠した「明月湯包」(小籠包)。厳選した台湾産の黒豚の餡に、鶏などから取った煮こごりを加え、長時間発酵させた薄皮で丁寧に包みます。餡は、赤味と脂身の比率が5対1になるように厳密に量られているのだとか。

この小籠包の特徴は、「湯包」という名前が表す通り、皮の中にスープがたっぷり詰まっていること。もちっとした皮を一口噛めば、旨みがぎっしり詰まったスープが「じわーっ」とあふれ出してきて、もうたまりません。

まずは調味料をつけずに本来の味を楽しんだ後、醤油と黒酢をブレンドしたタレをつけて、針ショウガと一緒にいただきましょう。

(次のページに続く)

赤松春奈

,,,, | アジア,グルメ,台湾,現地レポート


気になる国の記事を検索!