> > > フルーツ王国台湾で絶対食べたいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選

,,,,,,,,,, | アジア,グルメ,台湾,現地レポート

フルーツ王国台湾で絶対食べたいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選

Feb 28th, 2017

フルーツ王国とも言われる台湾。台湾には日本ではなかなか手に入らなかったり日本で買うと高いと感じるフルーツがたくさんあり、それを目当てに台湾に行かれる方も多くいらっしゃるほどです。

この記事では、台湾に行ったらぜひ食べてほしいめずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツを7選を紹介します。

1.芒果(マンゴー)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
マンゴー、中国語で芒果(マングオ)は、多くの方にとって台湾で食べたいフルーツ・ナンバーワンに挙げられるのではないでしょうか。マンゴーをたっぷり使った「マンゴーかき氷」も日本人に大人気。台湾のマンゴーにはいろいろな種類がありますが、特に人気が高いのは甘みがぎゅっと詰まった愛文(アイウェン)と呼ばれるマンゴーです。マンゴーは5~9月頃が旬となります。

2.荔枝(ライチ)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
ライチ、中国語で荔枝(リージー)は、楊貴妃が愛したフルーツとしても知られています。日本では冷凍されたものがほとんどですが、台湾でいただく採れたてのライチはびっくりするほど甘くてジューシーです。旬は6~7月と短いので、この時期に台湾に行かれる際はぜひ試していただきたいフルーツです。

3.釈迦(釈迦頭)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
釈迦頭、中国語で釈迦(シージア)は、見た目が釈迦の頭のようなフルーツです。皮はとても柔らかく、手でむきながら中の白い実をいただくことができます。一口いただくと、そのミルキーな甘みに驚きます。旬はマンゴーやライチがちょうどなくなりはじめる8~3月頃であるため、この時期に台湾に行かれる方には特におすすめのフルーツです。

(次のページに続く)


Yui Imai

,,,,,,,,,, | アジア,グルメ,台湾,現地レポート


気になる国の記事を検索!