> > 住人同士の挨拶禁止、その気持ちがわからなくもないソロモン諸島に住む筆者

,, | 現地レポート,豆知識

住人同士の挨拶禁止、その気持ちがわからなくもないソロモン諸島に住む筆者

Mar 10th, 2017

挨拶禁止のマンション!?

挨拶に見るカルチャーギャップ
とある神戸市内のマンションで、住人同士の挨拶を禁止することになったという新聞の投書が話題になりました。「知らない人に挨拶されたら逃げるように教えている」親御さんの一言がきっかけだったのだとか。

知らない人に挨拶されたら逃げることの是非についてはともかく、誰に挨拶をすべきかの線引きは意外と難しいものです。ご近所さんはもちろんのこと、職場でも、「おはようございます」から「お疲れ様でした(または「お先に失礼します」)」まで、誰に言うか、どのタイミングで言うか、そもそも言おうかどうか、私達は日々、たくさんの小さな決断を迫られています。

分からなくもない、その気持ち

挨拶に見るカルチャーギャップ
筆者は現在、ソロモン諸島という南の小さな島に住んでいます。この国は、良くも悪くも、一昔、いや、三昔ほど前の日本のようで、コミュニティ精神が今もたいへん根強く残っている社会。「困っている時はお互いに助け合う」と表現すると心温まる響きですが、ご近所さんが放っておいてくれない、監視社会でもあります。

実は筆者はこの国に住み始めるようになって、「挨拶禁止」を要求したマンション住人の気持ちが分からなくもない・・・と思うようになったのです。

玉川とき

,, | 現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!