> > > ここは本当に日本なの?久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所

,,,, | 九州・沖縄,沖縄県,現地レポート,絶景

ここは本当に日本なの?久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所

May 20th, 2017

久米島の果てにある「はての浜」をご存じですか。

沖縄県は久米島の東5kmの場所にあり、ベストビーチランキングでも上位に入ってくるほどの人気っぷり。エメラルドブルーの海と真っ白な砂浜しかないので、海好きにとってはまさに楽園、パラダイスです。

透明度も抜群な「はての浜」が、どのくらい素晴らしい場所なのか、そして、どんな手段で上陸できるのか、さっそくご紹介していきましょう。

【「はての浜」への行き方】

ここは本当に日本なの? 久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所
久米島の東に位置するはての浜には、空港なんてありません。ですから、まずは久米島まで上陸し、そこから船で渡ることになります。

那覇から久米島までは飛行機便があるので、沖縄本島への旅行ついでに丸1日使って日帰りで行くこともできるのは嬉しいですね。

沖縄本島から直接向かうことはできず、久米島の「泊フィッシャリーナ」という名の港から船に乗り、およそ30分ほどで到着します。

実際にはもっと早く到着できる距離なのですが、多くの場合、「はての浜」へはツアーで行く必要があるために、ちょっと遠回りします。ツアーの申し込みは、久米島内のホテルなどにあるツアーカウンターからもできますし、インターネットでお好みのツアーを探して申し込ことも可能です。

ここは本当に日本なの? 久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所
さて、さっそく浜へGO!

浜へ向かう海の途中にはエメラルドブルーの海の中に、いくつもの黒っぽい箇所を確認できます。この黒い部分は、実は海底にあるサンゴ。近づいて見てみると、美しいサンゴを間近に見ることもできます。

しかも、この辺りのサンゴには国内でも珍しい“色付き”のサンゴもあるので、シュノーケルスポットとしても人気なのだそうです。運が良ければ、ウミガメたちの泳いでいる姿を見ることもできます。

この日は、3匹ほどのウミガメに遭遇。ボートに乗り合わせている人たちからは、大きな歓声が上がっていました。

そんなこんなで「はての浜」に到着! はたして、どんな場所なのでしょうか?

1・海が抜群に美しい!


ここは本当に日本なの? 久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所
晴れた日には、一面が白い砂浜とエメラルドブルーの海になるのが「はての浜」。透明度は抜群で、浜に近い波打ち際にも熱帯魚が泳いでいる姿を確認できるほど、透き通っています。

ここは本当に日本なの? 久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所
こんな風に砂浜の色が透けるぐらい、びっくりするほどの透明度なのです。お日様が当たってキラキラと光る海は、幻想的のひと言。

青い空に、白い砂浜、エメラルドブルーの海・・・。思わず、「ここは日本なの!?」と不思議な感覚になるほど、ミステリアスな異空間でもあります。

2・そして…とにかく何もない!


ここは本当に日本なの? 久米島の果てにある「はての浜」ってこんな場所
「はての浜」の最大の魅力は、なんにもないこと。

のんびりした休日を過ごすには、「何もない場所」でぼーっと海を眺める過ごし方だってアリだし、ここならそれが叶います。よく考えてみると、「なにもない場所」って探そうとしてもなかなかないのではないでしょうか?

日本国内の多くのビーチは、「海の家」があったり観光客が押し寄せていて人混みになっていたりしますが、「はての浜」は、とにかくなんにもないのが最大の魅力。浜にあるのは、簡易トイレひとつだけなのです。

余談ですが実は、このトイレも「はての浜」の名物となっていて、多くの観光客がカメラに収めています。真っ白な砂浜にポツンと立つ簡易トイレは、こんな風にとても絵になるから不思議ではありませんか?

大きな台風が来ると、砂ごと流されてしまうこともあって、今の簡易トイレも何代目かになるのだとか。

こんな風に、「はての浜」は本当になんにもない場所。ビーチ好きならば、一度は訪れる価値があります。

「なにもしたくない!」というのんびりした休日を過ごすのには、うってつけの場所ですし、日本とは思えないほどの穏やかな時間が流れています。

これほどの美しい海は、日本国内を見渡してみても、ちょっとないんじゃないかな・・・と感じた筆者でした。


蒔田 波

,,,, | 九州・沖縄,沖縄県,現地レポート,絶景


気になる国の記事を検索!